超最悪の想定から予測を

 先の震災のあと、富士山、伊豆大島、阿蘇山など全国の活火山の周辺で地震が多発している。報道によると、巨大地震のあとに火山活動が活発になるのは珍しいことではなく、過去には1707年の宝永地震の49日後に富士山が大噴火を起こしており、今回も噴火の前兆にあたる地殻変動こそないが、大地震の4日後、富士山の近くでM6・4の地震が起きているという。
 先日、美浜町で地震や津波の防災講演会が開かれた。和歌山地方気象台の専門官は次の東南海・南海地震について、予測はあくまで観測データや文献が残っている 「過去4回の地震だけを基に考えられたもの」であることを強調した。地球史45億年のなかで、人類が誕生して数万年、そのうち近代的科学で地震の研究を始めたのはつい200年ほど前。過去に何万回も起きたであろう南海地震も、予測というにはあまりにデータに乏しい話である。
 「未来には、単なる過去の歴史の延長によって、決して類推できない未知の暗黒もある」とは、小松左京の『日本沈没』の田所博士。南海地震も過去のデータで、ざっくりと発生時期等を予測することはできるが、過去5回より前はどんな規模でどんな地殻変動があったのか。4回の過去にそんなことが起こらなかったからといって、それが未来にも起こらないとはいえない。
 日本が沈没するなどSFにすぎないとしても、私たちが直面している南海地震は小説ではなく、現実の生死にかかわる問題。原発で支えられた自然災害大国。これから始まる防災計画の見直しも、被害予測は過去の乏しいデータを超えた直感や想像にまで広げ、超最悪の事態を想定しなければならない。   (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 海の勇者が愛したキンセンカ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る