99年前の歴史的海難事故

 今から99年前の1912年4月15日、当時世界最大クラスだった豪華客船の沈没事故が発生した。1997年の映画でも有名になった、タイタニックである。ギリシャ神話の巨神タイタンにちなんで名付けられている◆4月14日深夜に氷山と衝突し、2時間40分後の翌15日未明に沈没。乗客、乗員合わせ1500人以上の犠牲者を出した。双眼鏡の収納ロッカーの鍵を持った船員が下船してしまっていて引き継ぎがなされず、周辺の監視を肉眼で行わざるを得なかったことも悲劇につながったとされる。更に映画で描写されていたように、この船には定員分の救命ボートが備えられていなかったことが、悲劇を決定的なものとした。宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」に、この事故の犠牲者を思わせる人物が登場することは有名だ◆タイタニックの名のもとになったタイタンとは、大地の女神ガイアの息子。揺るぎない大地の上で暮らす安心感、日常を早く取り戻したいとの願いと裏腹に、絶え間なくといっていいほどひんぱんに続く余震の報道が、まだまだ非日常の時間の中にいるのだとの自覚を余儀なくされる。福島第一原発事故の深刻な影響といい、いまだかつてない状況が日本を取り巻いている◆建造当時、タイタニックは「不沈船」とうたわれていた。考えられなかった事態が現実のこととなることも、実際にはままある。こういう時にこそ枝葉末節的なこと、形式的なことにとらわれず、問題の本質を見きわめてそれに対応する必要がある。物事の勘どころをつかむ感覚が重要となってくる。極限状況の中で自分にとって真に価値あるものを見いだすことが、映画「タイタニック」では重要なテーマとされていた。      (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 右を見て左を見てそして右

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る