南国の観光地を訪れて

 オーストラリア東方、 南太平洋にあるニューカレドニア。 フランスの海外領土で、 リゾート地として知られる。 面積は日本の四国ほど、 人口は約23万人。 美しいさんご礁や海をはじめとする豊かな自然に囲まれ、 フランス本土だけでなく日本、オーストラリア、アメリカなどからの観光客も多いという。
 島の気候は熱帯。寒くないところでゆっくりくつろげそうだから、新婚旅行の行き先に選んだ。関空から約9時間のフライト。正午に出発して現地時間の午後11時ごろ(時差2時間)に到着、その日はホテルで寝るだけだったが、次の日からは天候にも恵まれ南国を満喫できた。
 本土から船で約20分の沖合にぽっかりと浮かぶ小さな離島の水上コテージに2日間滞在した。澄み渡る海、広がる地平線と青い空。南国ムード満点で、事前にパンフレットや写真で見た通りだった。フランス語はまったく話せないが、英語なら通じるし、日本語でも最低限のことなら対応してくれる。マリンスポーツも楽しめた。
 本土に戻ると、トヨタ、日産、マツダなどの日本車が目についた。物価が高かったのは少し痛いが、食事や安全面も問題なかった。日本人観光客も多く、道を歩いていると外国人が気さくに声をかけてくれ、信号のない大通りでは車が停車、横断させてもらえる。現地の人たちは陽気。数年前に中国へ行った際には観光どころではないと思ったが、まるで違った。
 豊かな自然だけではなかったのが、いい旅行と思えた最大の理由。たまたま巡りがよかっただけかもしれないが、もう一度行ってみたい場所となった。観光地を目指すなら、見習うべきところは多いだろう。       (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る