コミュニティFM開局を

 高校生のころ、 当時主流だったMD (ミニディスク) 付のコンポを購入したのをきっかけに、 ラジオをよく聴くようになった。 お笑い芸人やミュージシャン、 俳優がパーソナリティーを務める深夜ラジオを録音しては、 通学電車内で聴いていたことを思い出す。 また唯一受信できたFM 「NHK―FM」 に、 イントロなどでパーソナリティーの声がかぶらず1曲丸ごと流れる番組があり、 録音しては編集で曲を切り抜き、 CD代を節約していたことも懐かしい。 車移動が多くなったいまも、 もちろん車内で聴いている。
 3月11日に東北地方で発生した巨大地震。 停電の続く避難所で生活する被災者にとって、 ラジオは重要な情報源となっている。 被災地では臨時災害放送局が次々と開局している。 放送では、 被災者安否情報、 電気・ガス・水道などのライフライン復旧状況、 給水車の巡回ルート、 停電・断水状況、 仮設住宅、 交通など必要な情報を提供するとともに、 音楽やリスナーのメッセージなども流し、 被災者の生活だけでなく心の支えにもなっている。
 臨時災害ラジオ放送局の立ち上げに協力しているのが、 コミュニティFM局。 広域放送より狭いエリアで放送されるFM局で、 地域密着、 市民参加などが特徴的。 防災行政無線と比べてコストが低く、 自治体が第3セクターで参入する例が多いという。
 日高地方ではFM局はなく、 受信できるのもNHKとFM徳島くらいで、 災害時、 地元に限定した情報を得ることは難しいだろう。 万が一の事態に備え、 各自治体が連携してコミュニティFM局の開局を検討してみてはどうだろうか。      (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 涼しげでいいですね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  2. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  3. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  4. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  5. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る