使命感に燃える人になろう

 いかに過酷な現場であっても、与えられたミッションをクリアするため、まさに命がけで職務を全うする、久しぶりに男の中の男の姿を見た。もちろん東京消防庁ハイパーレスキュー隊の方々のことである。被災した福島第一原発で最初に放水活動した部隊の会見には胸が熱くなった。上に立つ立場として隊員や家族を思う気持ち、無事任務を終えた安堵感、いろんな感情が入り混じった男の涙がこれほど美しいとは思わなかった。現場がどのような状態か分からない中での活動は、第2、第3隊の何倍もの恐怖感があっただろう。ましてや放射線という目に見えない敵の中での活動である。仕事とはいえ、彼らを突き動かすのは、消防隊としての誇りと使命感にほかならない。
 緊急消防援助隊としてここ日高地方からも御坊市、日高広域両消防隊が現地で救急や不明者の捜索活動を展開した。隊員の話で最も印象に残ったのは、家族や同僚の安否が分からない現地の消防隊員が、必死で任務に当たっていたということだ。消防職員としての宿命とはいえ、家族を捜しに行きたい、心配で仕方ない気持ちを押し殺してやるべきことを遂行する。使命感に燃えなければできないことである。
 いつか起こるであろう南海地震を考えたとき、地方新聞記者にも情報提供という非常に大きな役割が与えられている。果たしてどれだけ使命感に燃えることができるだろうか、住民の期待にどこまで応えられるだろうか。いまはまだ答えは出せないが、新聞社が情報を提供できないようでは終わり。必要としてくれている人がいる限り情報を絶やしてはいけない。このことを肝に銘じて日々仕事に当たりたい。     (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより広いな~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る