見つめ、心を寄せ続けたい

 昔から、 日本という国の形自体が好きだった。 北海道から沖縄まで南北に長く連なるこの島々は、 小さいけれどもなんて美しい形をしているんだろう、 と思っていた。 まるで小さな昇り龍のようだ、 と◆あの日、 報道で見た東日本大震災発生の仕組みの図解からは 「日本列島自体が根底から揺さぶられている」 という印象を受け、 背筋がぞくっとした。 この美しい小さな国自体がダメージを受けてしまった、 と思えた◆発生から2週間。 当地方でも 「少しでも役立ちたい」 「被災された方の力になれれば」 との多くの真摯な声が上がり、 連日のように募金や救援物資の送付が報道されている。 一つのいきものの負傷した部位に、 それを治すべく栄養を持った血液が流れこみ、 治癒させるための白血球が集まっていくように、 全国から思いを込めた救援の手が伸びている◆体の一部が傷を受けても、 痛みの負担は全体に及ぶ。 だがそれに耐え回復するためには、 健康な部分はその健康を保たなければならない。 ダメージを受けた部分に余力を注ぎ手当てしながらも、 必要な力を失ってはならない。 全体が活力をなくし衰えてしまっては、 なんにもならない。 元気な部分が動いて、 活力を起こしていくことも必要だ◆多くの資金が必要になってくるのはこれからだと思うが、 募金以外で必要とされる基本的なことは、 長期的に関心を持ち、 心を寄せ続けることではないかと思う。 情報を得続け、 見つめ続けること。 気遣い続けること。 知ることで思いが生まれ、 芽生えた思いからそれに対する行動も生まれていく。 常にその部分を大事に思う、 という気遣いが、 生命力の回復につながる空気を醸成する。     (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る