となり組の内容を見直せ

 東日本大震災。甚大な被害状況が明らかになりつつあり、胸が締め付けられる。死者、安否不明者は2万人を超えるという報道もあり1人でも多くの無事を願う。そんな中、日高地方の各市町も被災地の復興支援へ動き出した。筆者が担当の日高川町はジビエ料理まつりや世界一長い焼き鳥挑戦などイベント中止を決定。個人的には妥当な判断だったと考える。救援物資として、イベントの食材などを焼き鳥対決で交流がある福島県川俣町へ送る準備を進めている。
 近い将来、高い確率で発生するとされる東南海・南海地震。防災対策は一刻を争う。日高川町では、となり組プロジェクトという独自のソフト的な取り組みを展開。コミュニティーを強化し、住民同士が助け合えるシステムを構築する取り組みで、職員から区長、自主防災組織へと防災の輪を広げており、町歩きで危険個所や避難場所を確認するほか、図上訓練で災害時の対応や連携方法なども探究。有識者や阪神淡路大震災の被災者らを招き、講義や体験談を聴くなどで防災意識を高めている。このほか全職員の防災士資格取得を決め、一般住民の取得助成も来年度予算で計上した。
 今回の被災地となった地域は、これまでも何度か津波に襲われたことがあり、住民の意識も高く、防災設備も強かった。想像を上回る地震と津波の脅威。それだけに、となり組は予想以上の災害にどれくらい機能するか分からないが、日々の取り組みや備え、心構えは被害を必ずや小さくするはず。ここ数年で住民意識は相当高まったように思うが、いざというときのために一層綿密な計画、連携の強化、頻繁な講習会開催など内容をいま一度見直す必要がありそうだ。       (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊の子に早く会いたいです

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 煙樹ケ浜フェスティバル

    8月 31 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る