志を持って社会に

 ここ最近、暖かくなったと思えば寒くなったりと体調を崩しそうな日が続くが、先日取材に訪れた切目川の川岸にはたくさんのツクシが顔を出しており、春の訪れを感じさせる。春といえば出会いの季節であるとともに、別れの季節でもある。先日、日高地方の各高校で卒業式が行われ、筆者も紀央館高校を取材した。
 同校の小山宣樹校長は式辞で、幕末に江戸無血開城に貢献したことで知られる勝海舟の「自分の価値は自分で決めることさ」という言葉を取り上げ、社会に出てから自分で自分を評価する大切さや方法などを生徒に訴えた。日高高校の髙田晴美校長も「坂本龍馬のように広く深く強く、信念をもって生きてほしい」と、いずれも昨年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」で関心が高まっている幕末の英雄を取り上げ、生徒たちにエールを送った。
 幕末の志士らが成し遂げた歴史的偉業は言うまでもないが、そのときの彼らの若さには驚かされる。坂本龍馬は大政奉還時33歳、高杉晋作は奇兵隊創設時24歳、その他新撰組なども含め、幕末の有名人には20から30代が多い。いまより寿命が短く大人とみなされるのが早かったとはいえ、筆者と大して変わらない年ながら、「日本を変えよう」という思いを持ったことだけでも十分尊敬に値する。
 龍馬が19歳で江戸に出たように、20、30代で名を上げた幕末志士らは、10代のころからすでに志を持って行動に移している。不況下で就職難といわれ、いまの日本も厳しい状態が続いているが、ことし卒業する高校生たちには、幕末に生きた若者のような志をもって社会に出てほしいと思う。  (城)

関連記事

フォトニュース

  1. ご協力お願いします

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る