地域ネットの重要性

 近年、「買い物弱者」という言葉がよく取りざたされる。身近な場所から買い物をするための店が撤退、そのうえ高齢のために車などの移動手段を確保できずに遠くの街まで出かけることが困難に感じる人々のことで、すでに全国で約600万人もいるという。
 以前なら普段の生活に必要なものは大方、身近なところで手に入った。それが後継者不足や大手量販店との競争などの影響でだんだんと衰退していき、日高地方でもお年寄りたちから不便を感じる声がよく聞かれている。
 2月25日付9面のコラムで、大阪の量販店で電化製品を買った時の話を掲載させてもらったところ、一部の読者から「地元をないがしろにし、都会の店で購入することを推奨している」との意見をいただいた。公正な競争の下、「客をひきつけるためには何でも考える」といういろんな取り組みの一つを体験に沿って書かせてもらっただけで、実際にはまったく指摘のような意図はない。誤解を与えるような表現があったならお詫びしなければならない。
 地元の電気屋さんが必要なのは言うまでもない。故障の際にきてもらうのも早く、電化製品の使用方法が難しくなる中、お年寄りたちには心強い存在だろう。買い物弱者問題でも地域の人たちがいなければ対応は難しいはず。多くの読者にお支えいただいている地方紙のネットワークも、地域の人たちと協力態勢を構築すればお役に立てるかもしれない。現に地域の協力態勢の下、全国各地でさまざまな取り組みがなされている。日高地方も対策を始めなければならない時にあり、本紙も意見をいただいた方同様に「地元とともに」という姿勢に変わりはないとお伝えしたい。
       (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. う~ん、とってもボタニカル

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る