心の豊かさが求められる時代

 ブータン王国の王女が来日したというニュースで、初めてブータンという国に興味を持った。南アジアの人口70万人足らずの小国は、精神的な幸せを示す「国民総幸福量」(GNH)の向上を目指している国だ。たいていの国は物質的な国民総生産(GDP)の向上を目指しているが、ブータンでは精神的な豊かさを求めることに国を挙げて取り組んでいる。環境や文化財の保護、よい統治など大きく分けて4つの柱があり、経済開発によって自然や文化が壊れるのなら意味がない、という考え方だ。数年前の調査では、「いま幸せですか」という問いに9割以上が「はい」と答えたという。何を持って幸せだと思うかは人によって違うので数字をうのみにするわけにはいかないが、幸せだと感じている国民が多いのは事実だろう。
 日本はどうか。ブータンより経済的に恵まれているし、物質的な豊かさは世界でも最高水準であろう。しかし、警察庁発表の2010年の自殺者数は、3万1560人で13年連続して3万人を超えた。不景気という社会情勢の要因が大きいが、物質的な豊かさを追い求め過ぎた結果なのかもしれない。いまこそ心の豊かさが求められている。
 では、心の豊かさとは一体何か。「一つはささいなことでも幸せだと思える心、そして思いやり」という人がいた。なるほど、他人のことを思っている余裕がない世の中、いま日本人に欠けているものだろう。心の豊かさの追求が自殺者減に直接つながるかどうかは分からないが、ささいなことでも幸せだと思える余裕を持てれば、いまとは違った世界が広がる気がする。皆さんにとっての幸せとはなんですか。       (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る