チームワークは掛け算

 数年前、大阪市旭区の千林商店街を取材した。国内最初のスーパーといわれるダイエー発祥の地で、いまでも全国有数の商店街として知られる。近年、商店街といえば「シャッター通り」と呼ばれるところが増えているが、取材時は平日にもかかわらず多くの人が行き交い、活気に満ち溢れていた。
 千林商店街を現地の人と一緒に歩き、質問に答えてもらった。気がついたのは改装中の店舗はあっても空き店舗がほとんどないことだった。「いろんな、多くの店舗があるのが商店街のよさ。それに空き店舗があるとイメージも悪くなる。空き店舗が出たら、すぐに次の事業者を手配して入ってもらう」。商店街は何でもそろっている大型店と違い、さまざまな個々の店舗の集合体。魚屋、八百屋、電気店、本屋、菓子屋など便利にそろっていてこそ相乗効果でそれぞれ繁盛する。夕食の買い物に行って魚だけしか購入できないのでは不便で客足は遠のく。商店街としてやっていくためには、そういうところが一番大切なのだと感じた。
 人が集まると、よく重要だといわれるチームワーク。昨年末に耳にした大手ファーストフード店トップのインタビューを引用すると、一人一人の力はプラスになるのではなく掛け算と考えるべきという。2人、3人が協力して力を合わせれば2倍、3倍になっていく。ただし、1人でも0、サボったりする人がいると、みんなの力も帳消しにしてしまう。商店街の話を連想するだけでなく、生活のさまざまな部分に当てはまる気がする。
 身内の揉め事が続く政治が象徴するように、チームワークが働かない社会になりつつある。前出のインタビューはぜひ留めておきたいと思った。       (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊・日高のために頑張ります!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る