先人の偉業に思いをはせて

 国産飛行船の初飛行成功から100周年を記念し、飛行船のミニチュアモデルを作るイベントが、先月末に日高川町川原河の山村開発センターで行われた。和歌山市の模型メーカー「エアロベース」経営の岩見慎一さんに教わりながら、親子ら14人が飛行船の工作にチャレンジ。取材のために訪れたが、筆者も仕事を抜きにして参加すればよかったと後悔した。
 100年前に飛行船を開発したのが、和歌山市出身の山田猪三郎という人物。氏は、明治19年に串本大島沖で起きたノルマントン号の遭難事件を受けて、救命具の開発を志し、東京芝浦に救難浮き輪製造所を開設。30年から気球の製作に転じ、33年には日本で初めて円筒型係留気球を発明。その後、大崎に飛行船製作工場を設け、43年には50馬力のエンジンを搭載した山田式1号飛行船を完成させ、大崎から青山練兵場までの自由飛行に成功。第3号飛行船は大崎からお台場を巡る総飛行距離20㌔の周回飛行も成し遂げた。
 和歌山市内では昨春、氏の命日に初飛行100周年を記念して慰霊祭が営まれたが、筆者はこの報道をきっかけに偉大な氏のことや、初飛行成功の偉業を知ることができた。秋には同市内でもミニチュアモデル工作イベントが行われ、今回の美山での催しは特別開催だった。参加者はステンレスを折ったり、パーツを組み合わせるなどして機体を製作。紙粘土で作った空気調整袋を樹脂製の気嚢(きのう)に積んでオリジナルの飛行船を完成させ、笑顔がはじけた。工作のあとは、岩見さんから氏や飛行船について学んだ。偉大な先人のことを知り、偉業に思いをはせる。こんな心温まる素晴らしい機会がこれからもあってほしいと思う。        (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る