先人の偉業に思いをはせて

 国産飛行船の初飛行成功から100周年を記念し、飛行船のミニチュアモデルを作るイベントが、先月末に日高川町川原河の山村開発センターで行われた。和歌山市の模型メーカー「エアロベース」経営の岩見慎一さんに教わりながら、親子ら14人が飛行船の工作にチャレンジ。取材のために訪れたが、筆者も仕事を抜きにして参加すればよかったと後悔した。
 100年前に飛行船を開発したのが、和歌山市出身の山田猪三郎という人物。氏は、明治19年に串本大島沖で起きたノルマントン号の遭難事件を受けて、救命具の開発を志し、東京芝浦に救難浮き輪製造所を開設。30年から気球の製作に転じ、33年には日本で初めて円筒型係留気球を発明。その後、大崎に飛行船製作工場を設け、43年には50馬力のエンジンを搭載した山田式1号飛行船を完成させ、大崎から青山練兵場までの自由飛行に成功。第3号飛行船は大崎からお台場を巡る総飛行距離20㌔の周回飛行も成し遂げた。
 和歌山市内では昨春、氏の命日に初飛行100周年を記念して慰霊祭が営まれたが、筆者はこの報道をきっかけに偉大な氏のことや、初飛行成功の偉業を知ることができた。秋には同市内でもミニチュアモデル工作イベントが行われ、今回の美山での催しは特別開催だった。参加者はステンレスを折ったり、パーツを組み合わせるなどして機体を製作。紙粘土で作った空気調整袋を樹脂製の気嚢(きのう)に積んでオリジナルの飛行船を完成させ、笑顔がはじけた。工作のあとは、岩見さんから氏や飛行船について学んだ。偉大な先人のことを知り、偉業に思いをはせる。こんな心温まる素晴らしい機会がこれからもあってほしいと思う。        (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより簡単かも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る