2月19日は紀州藩祖の命日

 ほかのことを調べていて偶然知ったのだが、きょう2月19日は紀州藩の初代藩主、徳川頼宣の命日だという。以前からこの人物には関心があったので、この機会に調べてみた◆覇気に富む人柄であったと伝えられ「南龍公」の異名を持つ頼宣は家康の十男、8代将軍吉宗の祖父に当たる。1602年に生まれ、大坂冬の陣が初陣。思うような戦功がなかったことを嘆き、「まだお若いのですからこれから機会があります」となだめられると相手をにらんで「わしに14歳が2度くるか」と言い放ち、父の家康を感動させたという。1619年に紀伊国紀州藩に入国。藩政の基礎を築き、殖産興業を進めた。美浜町煙樹ケ浜の松林は、作物を塩害から守るため頼宣の命で植えられた◆危機が訪れたのは1651年、3代将軍家光の死後に由井正雪が幕府転覆をもくろんだ慶安の変。正雪が頼宣の印章文書を偽造していたため謀反の疑いをかけられ、それから10年間紀州へ帰れなくなる。正雪の遺書に「頼宣の名を騙ったのは人を集めるためだった」と記されており最終的に疑いは晴れたが、このため和歌山城の増築を中止しなければならず、和歌山市の地名「堀止」はこのことにちなんでいるそうだ◆2代光貞に「自分の方針を変更したければ自分が生きているうちにせよ」と言い、光貞がそんな恐れ多いことはできぬと答えると「生前ならわしが許可を与えたことになるが、死後だと親不孝者と思われかねない」と述べたという◆このように面白い人物が一般に知られていないのはもったいない。和歌山県民として、藩政史で名君と呼ばれた人物の治世を学ぶことには意義がある。化政時代の10代藩主治宝(はるとみ)も、文化や芸術を重んじて「数奇の殿様」と呼ばれる。詳しく勉強してみたい。    (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊で会いましょう!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る