成績より大切なもの

 もう15年も前になるが、初めて日高中津の野球部を取材に行った時、全選手がきちんとあいさつしてくれたことが強く印象に残っている。それ以降もスポーツを担当している関係上、たびたび訪問させていただくが、グラウンド外、学校外でも選手たちに出会うと丁寧に頭を下げてくれる。幼い頃からの高校野球ファン。この仕事に就くまでは野球が上手いか下手か、強いか弱いかの尺度でひいきの学校を選んでいたが、若アユナインたちの姿を見てからは少し変わった。社会人になってすぐの頃の話。取材に行った側だったが、礼儀正しくすることの大切さを教えられたように思う。若アユナインは試合前のグラウンド整備が終わると礼をすることでも知られており、学校周辺地域の住民以外でも応援の声が多い。
 昨年暮れの全国高校女子駅伝に出場した日高。結果は振るわなかったが、テレビ中継を見ていた一部の駅伝ファンには感動を与えるレースができたようだ。アンカーがレース直後、走ってきたコースを振り返って深々と一礼。「礼節を重んじる姿は、すごい感動を与えてくださいました」「疲れた体で礼をする行為にいたく感動しました。日ごろの指導の結果だと思います」。学校へ寄せられた手紙は、こんな内容だった。
 スポーツだけでなく勉強や仕事でも優秀な成績を残すことは最大の目的、目標であり、結果を出せれば素晴らしい。ただ、「成績よりも大切なもの」は必ず存在する。野球や駅伝のトップ選手になれなくても、礼儀や努力、忍耐力、チームワーク等々。スポーツを通じて養うことができれば、長い人生の大きな財産になる。日高女子の記録に残らない部分も記憶には残しておいてもらいたい。 (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 5月1日から使えます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る