天下は万人のために

 14日、菅再改造内閣が発足した。「社会保障と税 一体改革」という見出しが新聞紙上に出ているが、一部には「脱小沢路線」という文字。野党も「求心力が出ない」「にわか作り」だと批判している。新成人たちが雇用に不安を感じているのと同様、筆者ら庶民の関心ごとは生活につながる景気。与野党とも人事や政局より政策を戦わせる国会になっていけばと思う。
 先日、録画していた正月特番の時代劇を見た。農民の出で天下人になった羽柴秀吉に仕えた2人の軍師、竹中半兵衛重治と黒田官兵衛孝高の話。ときは戦国、武士たちは戦に明け暮れ、農民たちの生活が荒らされ続けるなか半兵衛が言う。「天下は天下の天下、一人(いちにん)の天下にあらず」。以後、その意思は半兵衛から官兵衛に引き継がれ、物語のなかで同じフレーズが何度も登場する。戦のない世の中をつくるために戦い、その後に農民たちが腹いっぱい飯を食え、幸せに笑って暮らせる国を目指す2人。ラストシーンで官兵衛は「何百年かのち、民、百姓のための政(まつりごと)が行われていれば本望だ」と言って倒れる。
 また、この物語からは、政治は天下万人に対して平等でなければならず、権力者の手先になって悪政を進めるために行うものではない、ということも伝わってくる。権力にすりより、信義を捨て、正義を忘れてまで己の権力維持に固執しない潔さが大切だと。
 きょう16日、御坊市議会議員選挙が告示される。以後、日高町議員、美浜町長・議員、由良町議員、春に統一地方選が行われる。選挙は戦争といわれることがあるが、戦いのあとが大事。中央も地方も関係ない。笑って過ごせる生活へ、庶民のための政治が行われることを期待したい。 (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 渓流の女王 アマゴ解禁

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る