市議選は3世代対決

 16日告示の市議選は現職11人、新人5人、元職1人の合計17人が出馬の構えで定数14人に対して3人超過の大激戦が予想されている。各陣営ともに「泣く3人には入りたくない」と必死の形相でし烈な前哨戦となっている。
 立候補予定者の顔ぶれをみると、年齢層が実に幅広い。70代2人、60代6人、50代5人、40代1人、30代3人。ちなみに最高齢は76歳、最年少は33歳でいってみればおじいちゃんと孫。世代を超えた戦いだ。お年寄りだから、若者だからいいとか悪いとか一概にはいえないが、筆者としてはお年寄りの経験と知識が必要なときもあれば、若者の行動力やアイデアが求められるときもあり、議会の構成は幅広い世代の方がおもしろいと思う。ただ、大ベテランの上田季児議長の引退で若手の相次ぐ出馬表明があり、 今回の選挙が何か世代交代への大きな転機となるような気もする。
 いずれにしても使用済み核燃料中間貯蔵施設の誘致問題など大きな争点がないわけだから、有権者は何を基準に投票するのか。ほとんどは地縁、血縁、友人・会社関係、日ごろの付き合いなどでだれに投票するのかを決める人が多いと思う。さらに現職や元職にはこれまでの活動への評価、新人には期待票も考えられる。そして年齢も候補者選びの参考になるだろう。
 しかし、本当はもっともっと候補者の政策がぶつかり合うような戦いの方がまちの活性化につながる。選挙で大きな争点がないのはまちを二分するような大きな問題がなかったり、候補者が個々に掲げる公約に大差がなかったりするのが原因。世代交代の匂いもする今回の選挙、何かもっと斬新な政策で論争が繰り広げられるような戦いを期待したいのだが…。 (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る