ジビエ料理を堪能しよう

 このほど何年かぶりにボタン鍋を食べた。あまりのおいしさに舌鼓、冷えた体も芯から温まった。思い返せばシシ肉料理でボタン鍋以外に口にしたことがあるのは焼き肉くらい。これもまた絶品である。一般家庭では調理法はあまり知られていないが、イベントなどではカレーとして振る舞われたり、通によると、すき焼きやカツにしてもおいしいらしい。
 ここ1年ほどの間に記事で「ジビエ」という言葉を使うようになった。ジビエとはフランス語で狩猟によって食材として捕獲された野生鳥獣のことを意味するが、日高川町が昨年、有害獣対策として食肉処理加工施設を開設したことがきっかけ。獣肉を安心、安全な食用肉に解体処理、加工する施設で、獣肉の普及、特産化にも力を入れており、取り組みは全国から注目を集めている。これに伴い取材で各種ジビエ料理と接する機会も多くなった。シシ肉では代表格のボタン鍋に始まり、チャーシューやシューマイ、ピカタ、シカ肉はローストや竜田揚げに、寿司まで。時間の都合で口にしたことはないが、とてもおいしそうで、鍋と焼き肉ぐらいしか知らなかった自身の食文化の乏しさを後悔している。
 町ではジビエの町を目指し、3月19日に「ジビエ料理まつり」を開催することが決まった。獣肉の需要促進などが目的でシシ肉、シカ肉を使ってB級グルメ風に各種ジビエ料理をブースで調理・販売し、バリエーション豊かな利用法と肉のおいしさをアピール。筆者も仕事にかこつけて今度こそは口にしたいと楽しみにしている。読者の皆さんもぜひこの機会にジビエ料理を堪能してみては。新たな味に巡り会うとともに、家庭の食卓も豊かになることと思います。        (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. 被害防止へともに頑張りましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る