ジビエ料理を堪能しよう

 このほど何年かぶりにボタン鍋を食べた。あまりのおいしさに舌鼓、冷えた体も芯から温まった。思い返せばシシ肉料理でボタン鍋以外に口にしたことがあるのは焼き肉くらい。これもまた絶品である。一般家庭では調理法はあまり知られていないが、イベントなどではカレーとして振る舞われたり、通によると、すき焼きやカツにしてもおいしいらしい。
 ここ1年ほどの間に記事で「ジビエ」という言葉を使うようになった。ジビエとはフランス語で狩猟によって食材として捕獲された野生鳥獣のことを意味するが、日高川町が昨年、有害獣対策として食肉処理加工施設を開設したことがきっかけ。獣肉を安心、安全な食用肉に解体処理、加工する施設で、獣肉の普及、特産化にも力を入れており、取り組みは全国から注目を集めている。これに伴い取材で各種ジビエ料理と接する機会も多くなった。シシ肉では代表格のボタン鍋に始まり、チャーシューやシューマイ、ピカタ、シカ肉はローストや竜田揚げに、寿司まで。時間の都合で口にしたことはないが、とてもおいしそうで、鍋と焼き肉ぐらいしか知らなかった自身の食文化の乏しさを後悔している。
 町ではジビエの町を目指し、3月19日に「ジビエ料理まつり」を開催することが決まった。獣肉の需要促進などが目的でシシ肉、シカ肉を使ってB級グルメ風に各種ジビエ料理をブースで調理・販売し、バリエーション豊かな利用法と肉のおいしさをアピール。筆者も仕事にかこつけて今度こそは口にしたいと楽しみにしている。読者の皆さんもぜひこの機会にジビエ料理を堪能してみては。新たな味に巡り会うとともに、家庭の食卓も豊かになることと思います。        (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. う~ん、とってもボタニカル

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る