新春を寿ぐ赤い色

 新年を寿ぐ色は赤である。伊勢エビ、タイ、千両に南天。初日の出、ご来光の色でもある。松と千両を玄関に生けると、緑に映える赤い実が美しい◆印南の特産でもある千両は、豪勢な名前がいい。南天は「ナンテン」の音から「難を転じる」とされ、縁起がいい。そればかりでなく、花の少ない冬の時期に鮮やかな赤い色で風景に彩りを添えてくれるところが昔から珍重されてきたのだろう◆赤という色名は「明るい」を語源とするそうだ。生命力を象徴する色でもある。日本の子どもたちは太陽を赤く描く。海外では普通黄色に描かれ、実際の太陽を考えると当然なのだが、日本では黄色い太陽よりも「真っ赤な太陽」の方が自然である。日の丸が赤いからという説もあるが、子どものころに日の丸をまず見て「太陽は赤い」と認識したということはあまりないように思う。「日出づる国」の日本では昼間の太陽より朝日の方が重要であり、朝日の赤い色が日本人にとっての太陽の色だったのだろうか。そしてまた、太陽の持つ生命感と熱という性質を直感的にとらえ、それを赤い色でストレートに表現しているのかもしれないとも思える◆筆者の一番好きな色は青で、赤が好きだった時期はあまりなかった。それがこのごろになって、生き生きと生命感を表す赤い色に惹かれるようになってきた。千両の明るい赤、南天の深みあるつややかな赤が本当に美しい色だと思える。年をとると赤が好きになるとの俗説を思い出すと心穏やかでないが、ここは、今まで自分になかった部分を補う心の動きと思いたい◆新しい年の始まり、今まで敬遠してきた色を好きになったように、今まで遠かったものにどんどん関心を向けて心の財産を増やしていきたいものである。      (里)

関連記事

フォトニュース

  1. この野菜はな~んだ?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る