高校サッカー和歌山大会地元校戦力分析 南部

 頑張れ地元イレブン、 行くぞ国立! 地元3校戦力分析の3回目は、 南部。 高校から始めた選手が多く技術面では不安が残るものの、 守備的布陣が徐々に機能し始めており、 組織的なプレーへの意識も高い。 しっかり守ってカウンターでゴールを狙い、 勝機を見いだしたい。 ここ数年は初戦敗退が続いており、 今回も相手は強豪だが、 「打倒海南」 を合言葉に初戦突破を目指す。
 【攻撃】中盤の真ん中で、 パス、 キープ、 ドリブル突破いずれも県内トップレベルの山崎が要。 相手の動きを見ながらサイドへボールを出し、 1年生ワントップ中川と、 トップ下の八田がクロスやシュートでゴールを奪うのが得点パターン。 2人とも裏へ抜け出す瞬発力が抜群で、 山崎からの配球を生かせられるかがポイント。
 【守備】センターバックの坪内が要で、 経験者の片岡と2人がオフサイドラインを気にしながらDF陣を統率。 無理に飛び込んでいかず、 サイドで人数をかけてボールを奪う意識が徹底されており、 冷静に対応できるようになってきた。 1年生GK・平尾は高校から始めたが、 実践練習を重ねて守護神らしくなってきたのも好材料。
 【総合】4―3―2―1の守備的布陣。 2年生不在で、 7人の3年生が1年生を引っ張る。 総体以降は週1回ペースで練習試合をこなし、 経験を積み上げてきたことで、 「自陣でプレスをかけてカウンター攻撃」 の形が出来上がってきた。 イージーミスを抑え、 攻撃の基点となる山崎にボールを集められるかが勝敗のかぎを握る。
 【監督談】守備でどこまで耐えられるかがポイント。 勝利にこだわりたいので、 先取点がほしい。
 【メンバー】小川泰弘 (部長)、 坂下公隆(監督)、 坪内界士 (主将・3年)、 玉口徹、 平本和也、 長瀧拓真、 永井将志、 山崎雄一、 八田直樹 (以上3年)、 平尾卓、 片岡稔文、 久保智暉、 久保亮太、 中川惠昭、 河波光毅 (以上1年)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年もドーン!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る