高校サッカー和歌山大会地元校戦力分析 紀央館

 頑張れ地元イレブン、行くぞ国! 第89回全国高校サッカー選手権大会和歌山大会は、29日から県内5会場で開幕する。昨年と同じ32チームが出場し、年末年始にかけて開かれる全国大会出場切符(優勝)を目指して熱戦を繰り広げる。本紙では、本番を目前に恒例の地元3校の戦力分析をリレーで紹介。初回は紀央館。夏の総体県予選で見せた攻撃力はさらにパワーアップしており、初戦突破へ順調に仕上がっている。
 【攻撃】ボランチ田口を起点に、運動量豊富なMF酒井純が右サイドを駆け上がってチャンスメークし、高い決定力を誇る山本勇、中嶋の両FWが決めるのが得点パターン。左MF田端の突破力も武器で、多彩なサイド攻撃で揺さぶる。中村をはじめとするDF陣の積極的な攻撃参加にも磨きがかかっており、攻撃力に不安はない。
 
 【守備】空中戦が得意な2年生DF山本浩、1年生からレギュラーでコーチングもうまい3年生守護神小山が要で、守備陣を統率している。1年生が多く、当たり弱いのが課題だが、力を入れた1対1の練習で相手にくらいつく粘りが出てきたのが好材料。中盤陣が守備面でも貢献できるかが勝敗のカギを握りそう。
 
 【総合】システムは4―4―2。3人の3年生が攻守の要として若いチームを引っ張る。DF陣のオーバーラップなど攻撃時の瞬発力は県内でもトップレベルで、総体1、2回戦の2試合で17ゴールした得点力は一段とアップしており、課題の守備をカバーしている。先取点を取ってリズムに乗れば、強豪撃破も期待できそう。
 
 【監督談】先取点を取り波に乗れるかがカギ。和歌山東を下し、近大和歌山と対戦したい。
 
 【メンバー】阪上元慶、橋本千佳代(以上部長)、上野山裕(監督)、田口誠(主将2年)、小山正浩、酒井純貴、中嶋夕真(以上3年)、酒井大樹、山本浩平、亀井竜成、永田航太郎、田端秀祥、宮路亮平、山本勇気、石田亮太、塩谷健太(以上2年)、古山千早、大野友暉、中村郁也、藤原辰郎、阪本裕規、岡本悠希(以上1年)

関連記事

フォトニュース

  1. 南部高の調理実習室で

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る