シリーズ 「うつ病」 ④  杉村さんの場合その3

20109017-1.jpg いまから5年ほど前、精神科でうつ病との診断を受け、自宅で服薬と休養の療養生活に入った杉村三郎さん(37)=仮名=。当初、薬を飲んでも症状はよくならず、表情は死んだように感情がなくなり、一時は心身の苦痛に耐えかね、「生きててもしゃあない」と自殺願望が頭をもたげた。「ゆっくりさんせよ」という家族や友人に支えられ、医師の言葉を信じて1年以上、薬を飲み続けるうち、薄皮をはぐように症状が落ち着きをみせはじめた。
 ■気にかけてくれた友達 「気晴らしにどっか行かへんか」。暗く閉め切った部屋の中でゴロゴロ、寝てばかりの自宅療養中、友達の中山さん(仮名)がちょくちょく電話をかけてきた。中山さんは高校時代からの親友で、社会人となってからも付き合いがあり、ちょうど杉村さんが落ち込みはじめたころは、自分自身も大病を乗り越えたばかりだったが、うっとうしくない程度に2週間から3週間に1回の間隔で電話をかけてきたり、携帯メールを送ってきた。杉村さんはそのたび、「ごめん、いまは外へ出たくないんや」「人に会いたくない」と断り続けていたが、中山さんは見捨てることなく粘り強く電話をくれた。半年ぐらいは薬がまったく効かず、1年近くが過ぎたころ、ようやく薬が体に合いはじめたのか、少しずつ眠れるようになり、食欲が戻り、外出してみようという能動的な意識が出てきた。
 
 ■尊敬する先輩の言葉 中山さんだけでなく、大阪にいる友達や同じ仕事をしている先輩も電話をくれた。先輩は自分と同じような経験、辛い思いをしたという話は前から知っていた。「とにかくいまは休む時期なんやから、なんにも考えやんと、ゆっくり休んだらええんやで」。薬が少しずつ効き始めたのに加え、尊敬する先輩の優しい言葉、それに親友たちの励ましが回復への小さなターボとなった。外出できる時間帯が夕方、さらに昼間に近づき、母親の畑仕事を手伝うほどにまで回復してきたころ、「ええとこあるから1回行こら」と中山さんが誘ってくれた山の中のログハウスに出かけた。
 ■雑音のない世界でのんびり 車の助手席に乗せてもらって、自宅から1時間ほど南へ。山の中にあるログハウスは、中山さんの知り合いの別荘で、思ってた以上に気分がよく、落ち着けた。緑に囲まれ、目の前には小さな川が流れ、聞こえるのは川のせせらぎと鳥の声だけ。真夏ではなかったが、暖かい季節。「風もさわやかで、本当に体の力が抜けるような感じでした」。途中で買ってきた食材で中山さんが簡単なチャーハンを作り、2人でそれを食べ、中山さんは好きなだけビールを飲み、下戸の杉村さんは庭に寝ころびひたすら眠った。静かな2人だけの世界、会話はほとんどなかったが、必要もなかった。1晩泊まって家に戻ると、「また行きたい」と思った。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も咲きました!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る