シリーズ「田舎暮らし」⑥ 三尾の浜を守る会

2010-6-11-1.jpg 日高地方は日高川町など山と川の自然のほか、沿岸部の海の景観もIターン先として人気がある。日ノ御埼や煙樹ケ浜が有名な美浜町は以前から多くの別荘が建てられ、この10年ほどは田舎暮らしブームもあって、都会からの移住者が増加。明治から昭和にかけて、多くの人がカナダへ渡った「移民の村」の三尾地区は、いまはIターンの人たちが集まる田舎暮らしのメッカとなっている。地元住民と新たな住民の協働を紹介する。
 日本が高度経済成長を遂げたあと、生活にゆとりができた人たちは余暇を楽しむ「別荘」を持ち、美浜町の三尾地区では民間事業者による別荘地の分譲、住宅の販売が進められてきた。バブルが崩壊、景気が落ち込むなか、三尾は二地域居住や定住の田舎暮らしの地として人気が高まっており、紀伊水道に面した海の景観、山の自然、どこかエキゾチックな町並みが都会の人たちを惹きつける。
 漁港から西の日の岬パークへ向かう途中、水平線から手前の海岸に目を落とすと、打ち上げられた漂着ごみが目につく。「これではせっかくの景観も台無し」と、都会から移り住んできた女性や地元の男性が拾い集めるようになり、この地道な活動が少しずつ広まり、おととし10月、「三尾の浜を守る会」が発足した。世話人は現在、約20人おり、半分ほどがIターンの移住者。自身、尼崎市からの移住者である区長の谷岡元武さん(69)が会長を務め、毎月第1土曜の朝、海岸に集まってごみを拾い集めている。

20106-11-2.jpg

関連記事

フォトニュース

  1. 世界に「YELL」を届けましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る