シリーズ「田舎暮らし」⑥ 三尾の浜を守る会

2010-6-11-1.jpg 日高地方は日高川町など山と川の自然のほか、沿岸部の海の景観もIターン先として人気がある。日ノ御埼や煙樹ケ浜が有名な美浜町は以前から多くの別荘が建てられ、この10年ほどは田舎暮らしブームもあって、都会からの移住者が増加。明治から昭和にかけて、多くの人がカナダへ渡った「移民の村」の三尾地区は、いまはIターンの人たちが集まる田舎暮らしのメッカとなっている。地元住民と新たな住民の協働を紹介する。
 日本が高度経済成長を遂げたあと、生活にゆとりができた人たちは余暇を楽しむ「別荘」を持ち、美浜町の三尾地区では民間事業者による別荘地の分譲、住宅の販売が進められてきた。バブルが崩壊、景気が落ち込むなか、三尾は二地域居住や定住の田舎暮らしの地として人気が高まっており、紀伊水道に面した海の景観、山の自然、どこかエキゾチックな町並みが都会の人たちを惹きつける。
 漁港から西の日の岬パークへ向かう途中、水平線から手前の海岸に目を落とすと、打ち上げられた漂着ごみが目につく。「これではせっかくの景観も台無し」と、都会から移り住んできた女性や地元の男性が拾い集めるようになり、この地道な活動が少しずつ広まり、おととし10月、「三尾の浜を守る会」が発足した。世話人は現在、約20人おり、半分ほどがIターンの移住者。自身、尼崎市からの移住者である区長の谷岡元武さん(69)が会長を務め、毎月第1土曜の朝、海岸に集まってごみを拾い集めている。

20106-11-2.jpg

関連記事

フォトニュース

  1. 龍が飛び出てきそう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る