ラストサマー⑥ 国際開洋の岡田睦史君と趙英学君

709①.jpg 2人とも神奈川県からのいわゆる野球留学。同じく関東出身、生まれ故郷を離れての生活のたいへんさを知る谷津田伸二監督も「見ず知らずの地方へ来てよくやってきた」と2年3カ月余りの頑張りを評価する。
 
 趙選手は横浜市出身。中学時代の指導者の勧めがあってビルが建ち並ぶ都会から単身、山奥の学校へ入学した。大学でも野球がしたいとの夢を持ち、入学後も「和歌山の高いレベルの中でプレーできるのが楽しみ」と不安や迷いは一切なし。最後の夏を前に「帰りたいと思ったことは一度もない。いい指導者とチームメートに恵まれて最高でした」と笑顔。
 
 和歌山へ引っ越す前は「行ったこともないし、近畿の下の方というぐらいしか知らなかった」。川崎市出身の岡田選手は、生活環境や言葉の違いになかなかなじめなかった。2年生の不調に陥った時をはじめ、「帰りたい」と思ったことは数え切れない。「それでも、続けてこれたのはチームメートの応援があったから」。和歌山で仲間と白球を追ってきた時間は宝物、今ではそう感じている。
 
 趙選手は俊足巧打の遊撃手、内外野どこでも守れる貴重な戦力。岡田選手は連戦となる夏には欠かせない、力強い直球を武器とする2番手投手に成長した。同じ出身地のため、入学時から仲がいい。「力を合わせて絶対甲子園へ行く」と声をそろえ、青春時代を一緒に過ごした第二のふるさとでのフィナーレへ闘志を燃やしている。

関連記事

フォトニュース

  1. 5月1日から使えます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る