ラストサマー⑤ 日高の松浦孝亮君

708①.jpg 「常に一生懸命な姿が印象に残っている」。チーム一の努力家と吉田茂監督が推薦する控えの外野手。
 
 「野球が好き。1回しかない人生やし挑戦してみよう」。クラスで身長の順番に並ぶと前の方。野球を始めたのも小学校卒業後と遅かった。中学校でもレギュラーではなかったが、入部に迷いはなかった。
 
 体格と経験を補うのは練習しかない。学校の授業の前にグラウンドに出てきて素振り、普段の練習後も昨秋の新チームになって以降はほぼ連日居残り、黙々とバットを振ってきた。「もっと体力をつけたい、うまくなりたい」。体は小さいがひたむきな姿は存在感を大きくし、吉田監督の目にも留まった。
 
 試合前の円陣の際、主将に続いてゲキを飛ばす役を任されている。輪の中心に迎え入れられるのは、同級生だけでなく下級生にも頑張りが認められている証しだ。
 
 学校の成績も優秀。特に英語が得意で、将来は「メジャーとか外国人とか、野球選手の通訳になりたい」。2年の夏に進路を決めると、野球の練習で遅くなって帰宅した日でも空き時間を見つけては単語帳を手に勉強。グラウンド以外でも努力家、将来の夢へ一直線。
 
 「一生懸命にやってきたので充実感でいっぱい」と白球を追いかけてきた2年3カ月余りを振り返り、「ガッツなら誰にも負けない。元気いっぱいのプレーでチームを波に乗せたいですね」と紀三井寺での活躍を力強く誓う。

関連記事

フォトニュース

  1. はいOK、大丈夫で~す

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る