ラストサマー③ 南部の森栄司君

705①.jpg 選手でありながらマネジャー。自身の練習は常に後回しでノック、ティー打撃の補助とチームメートの練習サポートに力を注ぐ縁の下の力持ち。
 
 「マネジャーをやってくれないか」。 ことし2月、高校入学前に患った腰のヘルニア再発を機に井戸大志監督から頼まれた。「チームのためになるなら」と引き受けたが、小中学生時代は投手兼外野手でチームの主力として活躍。パンチ力のある打撃に加え、投手としても直球が武器の本格派右腕。誰にも負けない自信があっただけに「なんでぼくが…」という思いはなかなか断ち切れなかった。故障がうとましく、選手への未練が頭の片隅に残る。甲子園の夢をあきらめ切れず思い悩む日々が続いた。
 
 転機は、そんな自分を心配してくれている両親の気持ちに気づいたとき。「いつまでくよくよしてるんだ。いまは自分ができることを一生懸命にやろう。大学で野球をやることが両親への恩返し」。新たな目標を見つけ、迷いは吹っ切れた。
 
 グラウンドでは同級生にノック、ティー打撃で後輩にアドバイス。いまは周囲から頼りにされていることを励みに感じ、同じ選手兼マネジャーの渡口大輔選手(3年)とともに身を粉にしてサポート役を務める。紀三井寺でプレーできない悔しさや悲しさはもうない。「1つでも多く勝ちたい。自分の分までみんなに頑張ってほしい」と熱い思いをナインに託し、最後の夏へ向かう。

関連記事

フォトニュース

  1. 薬なんかいらんわ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る