ラストサマー② 和高専の森堅一君

7041111.jpg 「みんなを信じて投げるだけ」。迫る本番を前に頼れるエースがけがを克服、戦線に復帰した。ことし3月、今季初戦となる練習試合前日に右ひじのじん帯を損傷。夏までに間に合うか心配されたが、6月になってマウンドへ立てるようになり、自慢の大きく落ちるカーブも日に日に切れ味が戻ってきている。
 昨年夏は3回戦の向陽戦に2番手として登板。「緊張して頭が真っ白だった」と振り返る夏の紀三井寺初登板だったが、何度もピンチを乗り切った。バックを守る先輩たちの「打たせていけ」という声を信じて全力投球。40年ぶりとなる8強進出を引き寄せた。
 大躍進となった夏の主軸の1人だが、新チームになってエースを任されて以降は一転。期待に応えようとの力みから空回りが続き、打ち込まれたり、一人相撲の投球が続いた。悔しさを胸に冬場に走り込み、雪辱を期した矢先に思わぬ故障。折れそうになった心を支えてくれたのは穴を埋めてくれた後輩2投手と、「夏は森に投げてもらいたい」と励ましてくれた森下侑三主将らチームメートだった。決して1人じゃない。けがの間、後輩の捕手役や道具の手入れを手伝いながらチームワークの大切さを再認識した。
 最後の紀三井寺はすぐそこ。「思った通りの投球ができるか不安もあるが、とにかく投げられることがうれしい。打たせてとる。仲間を信じ、思い切って投げたい」と再起のマウンドに燃える。

関連記事

フォトニュース

  1. 思いやりの心を持ちましょう

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る