ラストサマー② 和高専の森堅一君

7041111.jpg 「みんなを信じて投げるだけ」。迫る本番を前に頼れるエースがけがを克服、戦線に復帰した。ことし3月、今季初戦となる練習試合前日に右ひじのじん帯を損傷。夏までに間に合うか心配されたが、6月になってマウンドへ立てるようになり、自慢の大きく落ちるカーブも日に日に切れ味が戻ってきている。
 昨年夏は3回戦の向陽戦に2番手として登板。「緊張して頭が真っ白だった」と振り返る夏の紀三井寺初登板だったが、何度もピンチを乗り切った。バックを守る先輩たちの「打たせていけ」という声を信じて全力投球。40年ぶりとなる8強進出を引き寄せた。
 大躍進となった夏の主軸の1人だが、新チームになってエースを任されて以降は一転。期待に応えようとの力みから空回りが続き、打ち込まれたり、一人相撲の投球が続いた。悔しさを胸に冬場に走り込み、雪辱を期した矢先に思わぬ故障。折れそうになった心を支えてくれたのは穴を埋めてくれた後輩2投手と、「夏は森に投げてもらいたい」と励ましてくれた森下侑三主将らチームメートだった。決して1人じゃない。けがの間、後輩の捕手役や道具の手入れを手伝いながらチームワークの大切さを再認識した。
 最後の紀三井寺はすぐそこ。「思った通りの投球ができるか不安もあるが、とにかく投げられることがうれしい。打たせてとる。仲間を信じ、思い切って投げたい」と再起のマウンドに燃える。

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより広いな~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る