ラストサマー① 日高中津の羽佐拓真君

7031111.jpg 夏の高校野球和歌山大会開幕まであと8日。最後の夏に熱い思いを持つ、また話題性のある地元選手をピックアップ。
 「お父さんと同じあの場所に立つぞ」。白球を追いかけ始めた小学生のころ、テレビの前で決意した。
 父・吉史さん(45)は昭和56年センバツ出場の御坊商工(現紀央館)ナイン。捕手として活躍し、チームをベスト8に導いた。勝負強い打撃も光り、150㌔右腕、槙原寛己投手(元巨人)から適時打。「かっこいい」。ビデオで何度も観たが、若かりし日の父の姿はまぶしく、甲子園へ強く憧れるようになった。
 強い体と抜群の野球センスは親譲りで、小中学校時代からクリーンアップ。日高中津でも昨夏から不動の4番だ。中学校までは毎晩、親子二人三脚の練習で実力をつけ、県内屈指のスラッガーに成長していった。
 昨夏の紀三井寺では決勝で敗退。好機に打てず唇をかんだ。センバツがかかった秋季県予選はアーチをかけるも、準々決勝で涙。甲子園にはもう一歩のところで届いていない。
 春先は不振に見舞われたが、父のアドバイスで脱出。以降は打率4割3分、毎週練習試合でサク越え弾を放つなど調子を取り戻し、最高の形で夏本番を迎えられそう。この夏がラストチャンス。「あの打席に立って、同じ光景を見てみたい。お父さんに少しでも近づきたい」と親子2代にわたる夢舞台へ燃えている。

関連記事

フォトニュース

  1. 最後まで諦めない!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る