日高川町首長選100人アンケート④

28日.jpg 日高川町首長選の本紙有権者アンケート最終回は 「選択の基準」。 候補者の何を見て判断するかを6項目から複数回答可で選んでもらったところ、「行動力・実行力」が57人でダントツ。 町政が難局を迎えているだけに 「やってもらわないと困る」 との声が大半を占めた。 次いで 「政策」「人柄」も多く、「つきあい」 はわずか1人。上位3項目の浸透度が勝敗のカギとなることや、周りに左右されないという有権者の強い意志がうかがえ 「行動力・実行力」を選んだ有権者は20代9人、30~50代各10人、60代11人、70代2人、80代3人、90代2人。「どんな素晴らしい考えでも、実行できなければ意味がない」(早蘇地区20代男性)、 「選挙のときだけの公約ではなく、確実に実行してくれそうな人を選びたい」(船津・高津尾地区60代男性)、「美辞麗句は必要ない。とにかく行動に移して」(丹生地区50代男性)、「各種課題、問題解決に向けて、できることからでもどんどんやって」(丸山地区30代女性)などと、実際に行動に移し実現してくれるかどうかを見極めたいようだ。2位の「政策」は35人で、20代4人、30代8人、40代7人、50~70代各5人、80代1人。「行動力や人柄なんて分からない。まずは期待を持たせてくれる公約かどうかで決めたい」 (船津・高津尾地区60代女性)、 「町は財政危機、将来がかかっている。しっかりとしたビジョンを描いているかが重要」 (早蘇地区50代女性)、 「机上の空論でない、町の現状にあった公約かどうかで判断したい」(矢田地区20代女性)など中身を比較して判断したいとの意見が出た。 「人柄」 も29人と多く、20代6人、30代8人、40代3人、 50代5人、60・70代各3人、 90代1人。 「余計なしがらみがなく、 公平な政策を行えるかどうかは人となりで決まる」 (早蘇地区50代女性) 「なじみやすい人、遠慮のいらない人がいい」 (川中・子十浦地区90代女性)、 「性格の悪い人には町のリーダーになってほしくない。 人格を見たい」(船津・高津尾地区30代女性)などの声があった。 このほか 「クリーン」と答えた7人からは「何よりもこれが基本。清廉潔白で、偏らない行政手腕の持ち主を選びたい」(船津・高津尾地区60代男性)などの声。「つきあい・人に頼まれて」 の1人は他項目からも選んでおり、絶対的基準ではなく選択材料の1つといったところ。 「その他」 と答えた1人は「上杉鷹山(江戸時代中期の出羽国の大名)のように発言や政策にブレがないかどうかをじっくりと見たい」 (矢田地区30代男性) という意見が聞かれた。
 総体的に年齢別には幅広く大差はなかったものの、男性は「政策」、 女性は 「実行力・行動力」と 「人柄」をやや重視する傾向。特に「実行力・行動力」 は男性23人に対して、女性が34人と格段に多く、「やる気」のアピールこそが女性票獲得の大きなポイントと言えそうだ。

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊で会いましょう!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る