日高川町首長選100人アンケート①

24日小森ひょう.jpg 5月12日告示、17日投開票の日高川町首長選を前に、本紙は有権者100人に独自アンケートを行った。設問は「関心があるか」「特に町政に望むこと」「町長にはどんな人がいいか」「選ぶ基準」の4項目で、シリーズで紹介していく。第1回は「関心があるか」の回答状況。「とても」「まずまず」を合わせると86人が「ある」と答えており、関心の高さをうかがわせた。逆に関心がなかったのは地区別で川辺、年代別で20代の若者世代だった。
 関心があると答えた86人のうち、「とてもある」が47人。美山地区で96%、中津地区で84%、川辺地区で82%の人に関心があり、いずれの地区でも高い数値を示した。理由については「合併5年目を迎える町のかじ取り役を決める選挙で、どのように町政を進めていくのか関心がある」(早蘇地区50代女性ら)、「町の将来がかかっている」 (船津・高津尾地区40代男性ら)、 「元議長対元観光協会会長という注目の選挙戦。 一騎打ちの行方に興味がある」 (寒川地区60代男性) などで、 「いまのままでは合併して良かったと思えないから」 (丸山地区30代男性) という厳しい声もあった。
 一方、 関心がないと答えた14人の内訳は 「あまりない」 が10人、 「まったくない」 が4人で、 地区別では川辺地区9人、 中津地区4人、 美山地区1人、 年代別では20代8人、 30代・40代各2人、 50代・60代各1人。人口割からみても比較的若者層が多い川辺地区に無関心層が広がっているようだ。理由としては「誰がなっても同じ」(丹生地区20代男性ら)が大半で、「これまで町長とあまりかかわりがない」(丹生地区20代女性)という意見もあった。ただ「投票に行くか」の質問には95人が「行く」と回答。関心がないのに行くと答えた人の理由は「義務だから」が多く、「行かない」とした2人と「未定」の3人の理由は「忙しい」や「地元にいない」などだった。
 調査は3月下旬から今月上旬にかけて実施。 男女別では男性48人、 女性52人。地域別では大票田の川辺地区が50人、 中津と美山地区が25人ずつ。 年代別では20代が18人、 30代が20人、 40代と50代が17人ずつ、 60代14人、 70代8人、 80代4人、90代2人。 街頭などでランダムに抽出して回答してもらった。

関連記事

フォトニュース

  1. 梅はとっても体にいいんだよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る