プライバシーポリシー

 

日高新報社(以下、当社)では、日刊紙「日高新報」の発行をはじめ、書籍の発行、シンポジウム、各種催事の開催、電子媒体による情報提供など、多様な事業展開を行っています。それらの事業遂行の必要から、アンケートやプレゼントなどを行い、読者や顧客の皆様から、氏名、年齢、電話番号、勤務先、住所、メールアドレスなどをお聞きすることがあります。

当社では、こうした個人情報を保護することが重要であると認識するとともに、当社の社会的責任、責務であると考えております。そこで、以下の個人情報保護方針を制定し、全役員、社員等に周知徹底するとともに、確実に履行します。

個人情報の収集、利用および提供について

1.収集の原則
個人情報の収集は、事前にご本人の同意を得てから行います。
2. 利用、提供の原則
 個人情報を利用、提供する場合は、明確にした目的の範囲内で利用、提供いたします。 
権利の尊重について
当社は、個人情報に関する個人の権利を尊重し、お客様の個人情報についてご本人様から開示の要求があった場合は、妥当な範囲内で対応いたします。
また、お客様の個人情報に、誤り、変更があった場合は、ご本人であることが確認できた場合に限り、合理的な期間で対応いたします。
個人情報の適正管理について
当社は、収集した個人情報について、安全対策を実施し、不正アクセス、改ざん、破壊、漏えい、紛失などを防止するよう講じます。
法令およびその他の規範の遵守について
当社は、個人情報に関して運用される法令およびその他の規範、業界ガイドライン等を遵守し、当社のコンプライアンス・プログラム(法令遵守のための管理システム)に定める事項を遵守します。
コンプライアンス・プログラムの継続的改善について
当社は、個人情報保護委員会、個人情報管理責任者、個人情報管理担当者を設置し、適切な保護・管理を行い、コンプライアンス・プログラムを、運用、維持していきます。
また、定期的に監査を実施し、必要に応じて見直し、改善します。

フォトニュース

  1. いまが見頃です

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る