カテゴリー:社会

  • みなべの鶴の湯で温泉まつり

     地域の活性化に取り組む住民団体「スマイルライフ」(芦硲幸至会長)は3日に同町熊瀬川の鶴の湯温泉で温泉まつりを催し、模擬店や舞台発表などが行われた。「地域の振興は鶴の湯が開設されたおかげ」と感謝を込めた恒例のイベント。町…
  • 御坊発電所2号機休止へ

     関西電力㈱は1日、御坊市塩屋町の御坊発電所の1基を4月1日から休止、海南市の海南発電所1~4号機を廃止すると発表した。  御坊発電所で休止となるのは、火力発電3基(180万㌔㍗)のうちの2号機(60万㌔㍗)。…
  • 日高川のアマゴ釣り解禁

     日高川のアマゴ釣りが1日に解禁し、田辺市龍神村では県内外から大勢の太公望が訪れて渓流釣りを楽しんだ。  先月26日に成魚を放流した柳瀬、宮代キャンプ場付近、龍神温泉元湯周辺などではエサやルアーで楽しむ姿がみら…
  • 職業技術検定 紀央館の7人が知事表彰受賞

     紀央館高校3年の中川善紀君が同校で初めて、商業系の職業資格7種目を取得し、本年度の県知事表彰を受賞した。工業系の資格では、同じ紀央館3年の成瀬友唯人君と廣辻圭君がともに同校初の2種目を取得。ほかに紀央館は4人が商業系検…
  • 御坊駅前に更生保護サポートセンターオープン

     みなべ町を除く日高地方6市町の保護司60人でつくる日高保護司会(伊東直彦会長)は1日、御坊市のJR御坊駅前、丸仁ビルに活動拠点となる更生保護サポートセンター日高を開設した。  更生保護活動の充実を図るため、機…
  • 県立高校で卒業式

     日高高校(池田尚弘校長)と紀央館高校(大西弘之校長)で1日、平成最後の卒業式が行われ、計421人が高校生活3年間の思い出を胸に新たな一歩を踏み出した。  日高は普通科151人、総合科学が72人の計223人。池…
  • 解説本「戦国和歌山の群雄と城館」発刊

     和歌山城郭調査研究会(白石博則代表)の編集による「戦国和歌山の群雄と城館」が戎光祥出版から発刊された。県内に残る中世の城跡90カ所について、図面や写真を交え詳細に紹介。日高地方では亀山城主の湯河氏、手取城主の玉置氏の城…
  • いのちと献血俳句 御坊小学校に団体賞

     いのちの尊さ、愛、友情、助け合い、感動などについて思うこと、感じたことを俳句で表現する、日本赤十字社の第13回「赤十字・いのちと献血 俳句コンテスト」で、御坊小学校(弓倉正啓校長)が県内で唯一、団体賞を受賞。27日に県…
  • 消防違反対象物公表制度 4月からスタート

     4月1日から始まる消防の違反対象物公表制度について、御坊市、日高広域の両消防本部が広く周知を図っている。  制度は、建築物を利用する人が自ら利用する建物の危険性に関する情報を入手し、その建物の利用について判断…
  • 日高町の「原こん」夏にも販売終了

     日高町原谷地区特産のコンニャク「原こん」が、夏にも生産、販売が打ち切られることが分かった。コンニャク用の生イモを100%使用した、弾力ある食感が人気の手作り商品だったが、販売拠点の原谷産品販売所「黒竹の里ぴかいち」が昨…

フォトニュース

  1. ストライ~クッ!

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る