カテゴリー:社会

  • 30日 日高川でパラ銀メダリストの陸上教室

    日高川町体育協会は30日午後1時から、和佐の南山スポーツ公園陸上競技場でリオパラリンピック銀メダリストの陸上選手、山本篤さんの陸上教室を開く。 同協会のトップアスリート招聘(しょうへい)事業。山本選手は小学校で野球…
  • 由良、広川、湯浅 しょうゆの縁でマラソン大会開催へ

     由良、広川、湯浅の3町が、新年度事業で海岸線をコースにしたマラソン大会を初めて計画している。各町ともしょうゆにゆかりがあることから、スクラムを組んで広域的なまちおこしにつなげていくのが目的。ハーフ、5㌔、キッズランの3…
  • 日高高校でSGH生徒研究発表会

     日高高校(池田尚弘校長)は6日にスーパーグローバルハイスクール(SGH)の生徒研究発表会の分会を開き、2年生が取り組みを発表した。  2年生は総合学習の一環で、「移民・難民」「地域産業」「地域文化」「地域防災…
  • プレミア和歌山 日高地方は8品目認定

     県の2018年度プレミア和歌山推奨品が決まり、新たに加工食品、農産物など47事業者の60品目を認定。日高地方関係は御坊市の有限会社中田鶏肉店のしょうゆ「紀州うめたまご専用のたまごかけごはん醤油」など、新しく7事業者の8…
  • 高校入試最終出願 日高普通は20人定員割れ

     県教委は5日、2019年度公立高校入試の最終出願となる本出願の状況を発表。本紙エリアの全日制3校2分校7学科(日高総合科学は除く)では、紀央館普通のみ定員オーバーで、このほかの学校、学科では定員割れとなった。 …
  • 印南町GB協会が第一テックに感謝状

     印南町ゲートボール協会(東裏登志郎会長・会員約100人)は5日、昨年の台風21号・24号で壊滅的な被害を受けた印南地内のゲートボール場復旧整備で、物品を提供してくれた総合設備業㈱第一テック(本店=田辺市、朝間一議代表取…
  • 7日 由良の女性グループが食堂オープン

     由良町の女性グループ、ゆらつくらん会(中初美会長)が7日から、吹井の旧白崎保育所を活用した食堂「しらさき はんもっく」をオープンさせる。世代を超えた地域コミュニティーの場にするとともに、地元産品を使った料理の発信拠点に…
  • 高校生が和田勇の紙芝居制作中

     官民でつくる和田勇顕彰会(会長=吉田擴御坊商工会議所会頭)が本年度事業で取り組んでいる紙芝居の制作が、着々と進んでいる。絵を担当している日高高校JRC(ジュニア・レッド・クロス)のメンバーが連日集まってかわいい絵を描い…
  • 南部梅林来場者 今季目標ほぼクリア

     みなべ町晩稲、南部梅林の開園期間中(2月2日~3月3日)の来場者数がまとまり、2万9700人が訪れたことが分かった。昨年は2万9711人。運営する梅の里観梅協会(片山清範会長)は「目標の3万人はほぼクリアできた」として…
  • 和歌山南陵校 1期生50人が巣立つ

     和歌山南陵高校(小野和利校長)は3日に卒業式を行い、同校初の卒業生となる1期生50人が巣立った。  卒業生全員で最後の校歌をうたった後、卒業証書授与。高柳康二副校長が一人一人に「進学しても頑張って」や「君の笑…

フォトニュース

  1. ストライ~クッ!

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る