カテゴリー:社会

  • 日高地方でもインフル患者増加

     県内のインフルエンザ患者が急増している中、御坊保健所管内でも患者数が増えており、猛威を振るっている。23日現在、今シーズンで最も多い管内9小中学校の11クラスが学級閉鎖になっている。今後も感染が拡大してピークに向かっ…
  • 4Hクラブ連プロジェクト発表

     日高地方4Hクラブ連絡協議会(柏木研哉会長)と日高振興局農林水産振興部が主催する日高地方青年農業者会議は22日、印南町の公民館で開かれ、プロジェクト発表で印南町4Hクラブの新谷力さん(29)が最優秀賞に輝いた。 …
  • 日高川の診療所と医大で5G実証実験

     ㈱NTTドコモは21日、日高川町川原河の川上診療所と和歌山市の県立医科大学との間で、次世代移動通信システム「5G」を使った遠隔医療の実証試験を公開した。ポータブルエコーとタブレットなどを使って川原河の患者を約30㌔離れ…
  • お菓子で梅システムをPR

     みなべ町北道の菓子店、創旬菓房みさき堂は世界農業遺産「みなべ・田辺の梅システム」にちなんだ焼き菓子「みなべのこだわりフィナンシェ」を発売した。梅システムに関係の深い蜂蜜、梅、備長炭の3品を使用し、はちみつフィナンシェ、…
  • 御坊の名屋地区に津波避難タワー完成

     御坊市が名屋地区の名屋公園に建設を進めていた津波避難タワーの竣工式が19日、現地で行われた。  柏木征夫市長は「地元の皆さんの安心につながるタワーができました。自分自身を守ることを第一に、どのように避難するの…
  • インフルエンザ 警報レベルに

     県内のインフルエンザ患者が急増し、今月7日から13日までの患者報告数が警報基準を超えた。  県健康推進課によると、県内49の定点医療機関からの患者報告数が2019年第2週で32・57人となり、警報基準(30人…
  • 梅の里トレイルランに254人

     みなべ町で2月24日、山道などを走る「梅の里トレイルラン2019」(同実行委員会主催)が開かれる。15日に出場者を締め切り、32㌔のロング部門に100人、15㌔のショート部門に154人、県内外から254人がエントリーし…
  • 美浜町で健康フェアにぎわう

     美浜町吉原、吉原公園南の松林内にある多目的室と産品コーナー周辺で14日、町の地方創生事業に取り組む「ふれあいと健康と起業のまち創生協議会」主催のイベント「健康ナチュラルフェア」が開催され、多くの来場者でにぎわった。 …
  • 日高中学校でがん教育モデル授業

     県がん教育総合支援事業で初の外部講師を活用した教育モデル授業が15日に日高町の日高中学校で行われ、3年生82人が参加した。講師は県立医科大学がん薬物療法専門医・腫瘍内科医の上田弘樹病院教授が務め、「大切な人をがんでなく…
  • 御坊駅で阪神・淡路大震災の写真展

     阪神・淡路大震災の発生から24年となる17日に合わせ、御坊署は御坊市のJR御坊駅で災害写真パネル展を開いている。21日午前10時ごろまで。  災害の怖さを再認識し、記憶の風化を防ごうと、外から改札口に向かって…

カテゴリー

ページ上部へ戻る