カテゴリー:社会

  • 由良町観光協会が「近大クエ」提供へ

     由良町観光協会(丸宮信幸会長)は、今シーズンから協会加盟の旅館、民宿などで近畿大学が養殖するクエの料理を提供するよう進めている。同大学が戸津井沖でクエの養殖をしている縁で、従来の天然ものとの2本立てで売り込んでいく作戦…
  • 御坊保健医療圏地域医療構想調整会議開く

     持続可能な社会保障制度、介護や在宅医療と連携した地域医療提供体制の確立を目的とした県地域医療構想の実現へ、6回目となる御坊保健医療圏の関係機関による調整会議が開かれた。圏域全体の病床数は現在、6つの病院で計724床あり…
  • 紀の国大学 和大生らまちづくりにアイデア

     県内の自治体と関西を中心とした大学等がまちの活性化について考える「紀の国大学」の御坊まち歩きフィールドワークが24日に開かれ、学生たちが防災、観光、歴史のジャンル別に活性化へ向けたアイデアを発表した。  御坊…
  • 日高新報90周年式典 津村周新社長が決意

     日高新報創刊90周年記念式典・祝賀会が24日、みなべ町山内のホテル&リゾーツ和歌山みなべで開催。仁坂吉伸知事、二階俊博自民党幹事長ら政財界から約260人が出席し、節目の年を盛大に祝った。平成元年から30年にわたり社長を…
  • 御坊子ども食堂 オープンから2年経過

     御坊市を拠点に活動しているNPO法人フードバンク和歌山(古賀敬教会長)が運営する「御坊こども食堂」は、2016年9月のオープンからちょうど2年が経過し、利用状況をまとめた。初年度の利用者数は約1100人だったが、2年目…
  • 日高川の小学生が消防放水を体験

     日高川町の川辺西小学校(尾崎和弘校長)で21日、日高地域消防協会(会長=三浦源吾日高振興局長)の防災体験学習が行われ、4年生37人が参加した。  日高広域消防隊員や日高川町消防団の団員らが講師。放水体験では防…
  • 日高病院がんサロン 大阪の粒子線治療施設学ぶ

     国保日高総合病院のがんサロン「ほっとステーションこもれび」は20日、大阪重粒子線センター事業部長の八木智司氏(54)をゲストに迎え、施設の概要や重粒子線治療の特性について説明を受けた。関西では兵庫県たつの市の県立粒子線…
  • 紀州鉄道と和大経済学部 にぎわい創出へ連携

     地域鉄道や沿線地域の活性化へ向けて、御坊市の紀州鉄道と和歌山大学経済学部がスクラムを組んで取り組んでいくことになり、両者で「連携・協力に関する覚書」が締結された。具体的なことは今後検討していくが、学生が紀州鉄道や各駅、…
  • 県立医大病院 がん遺伝子外来開設へ

     県立医科大学は19日、10月から附属病院に新しく「がん遺伝子検査外来」を開設すると発表した。がん組織と血液を採取して複数の遺伝子変異を一度に検査・解析する方法で、患者に最適な治療法、薬の選択につながることが期待できると…
  • 御坊中吹奏楽部が定期演奏会

     御坊中学校吹奏楽部の第41回定期演奏会は15日、御坊市民文化会館大ホールで開かれ、部員14人にOB、OGも加わって充実した舞台を披露した。  3部構成で、1部はコンサートマーチ「虹色の未来へ」で幕開け。コンク…

カテゴリー

ページ上部へ戻る