カテゴリー:みなべ・龍神

  • 南部仏教会が托鉢浄財を社協に寄付

     みなべ町内の寺院で組織する南部仏教会(会長=畑﨑周定薬師寺住職)は11日、旧南部町内で行った歳末たすけあい托鉢で集まった募金33万9285円を町社会福祉協会に寄付した。  畑﨑会長、会計の田中隨晋住職(法伝寺…
  • みなべの小谷町長 幼保の統合・移転方針示す

     みなべ町定例議会が6日に開会し、小谷芳正町長が行政報告を行った。  津波被害が懸念される海岸沿いにある公立の南部幼稚園と南部保育所、私立の愛之園保育園の3園を、東吉田と南道にまたがって建設中の防災拠点施設用地…
  • 全国スポ少バレー県女子決勝大会 南部が優勝

     小学生バレーの第16回全国スポーツ少年団バレーボール県女子決勝大会が2日、海南市の拝待体育館などで開催され、南部が優勝。3月28日から大分県で開催される全国大会へ2年ぶり9回目の出場を決めた。鋭いサーブと多彩な攻撃が冴…
  • みなべの愛之園保育園 90周年記念で講演会

     みなべ町埴田、愛之園保育園(神谷羊子園長)が創立90周年を迎え、24日に同園で記念講演を開かれた。保護者ら約40人が参加。講師は社団法人KAGAYAKIの岩室智子代表理事で、子育てについて語った。岩室さんは3児の母親で…
  • 山村絵画コンク 栗山さんがめじろ賞

     県主催、2018年度「わかやまの山村」絵画コンクールの入賞者が決まり、本紙エリアでは南部高校の栗山和也さん(2年)が優秀賞のめじろ賞を受賞した。  園児から高校生まで114校から1195点が応募。最優秀賞のう…
  • 大日本農会表彰 山本さんに緑白綬有功章

     農業で有益な発見、研究を行い、地域農業に貢献した人をたたえる公益社団法人大日本農会の農事功績者表彰式が行われ、和歌山県からただ一人、みなべ町清川のウメ農家山本茂さん(67)が緑白綬有功章を受章した。ウメの樹勢の維持・強…
  • みなべと南魚沼の小学生が仲よく特産PR

     梅と米という日本一の特産品の産地同士として交流しているみなべ町の岩代小学校と新潟県南魚沼市の第二上田小学校の6年生23人(岩代8人、第二上田15人)は18日、東京都千代田区有楽町で催された物産販売イベント「米と梅の学び…
  • 今夏の梅干し消費 記録的猛暑で過去10年最高

     ことしの夏場(7・8月)の梅干しの消費量が過去10年間で最高だったことが、総務省の家計調査で分かった。2人以上の世帯の購入量は2カ月で176㌘。前年同月146㌘と比べると20・5%上回った。記録的な猛暑といわれ、熱中症…
  • みなべの小学生が聴導犬について学ぶ

     みなべ町の上南部小学校(湯川三生校長)は15日に同校で福祉講演会を開き、全校児童231人が障害者福祉について学んだ。印南町丹生の会社員で聴覚に障害がある永井正章さん(50)が講師を務め、聴導犬との生活を紹介した。永井さ…
  • アフリカの行政関係者が梅システム視察

     伝統的なコーヒー栽培で世界農業遺産の登録を目指すエチオピアとウガンダの行政関係者ら10人が14・15日にみなべ町を訪れ、みなべ・田辺の梅システムを視察した。初日には梅の天日干し見学などを通じて地域産業を学んだ。2日目に…

フォトニュース

  1. 桜はまだ少し早いけど

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る