カテゴリー:みなべ・龍神

  • みなべの島の瀬ダムにこいのぼり

     みなべ町東神野川の島ノ瀬ダムで17日、地元住民らで組織する若衆会のメンバーらがことしも約50匹のこいのぼりを揚げている=写真=。  ダムを管理する南紀用水土地改良区が家庭使わなくなったこいのぼりを譲り受け、毎…
  • 日高広域消防 人命救助の漁師5人に感謝状

     漁船から海に転落したみなべ町の男性を救助したとして、日高広域消防本部(小西威寿消防長)は14日、みなべ町や印南町の漁師5人に人命救助功労の感謝状を贈った。みなべ町埴田の埴田漁港事務所で行われた贈呈式では、助けられた男性…
  • GW10連休で龍神村の宿泊施設も予約好調

     ことしのゴールデンウィークは10連休で、龍南地方の宿泊施設やキャンプ場では予約が好調となっている。4月27日から5月4日までの期間は各施設とも満室が多く、キャンプ場でも日によって多少は空きがあるがほぼいっぱい。関係者ら…
  • 南部川 稚アユの遡上始まる

     南部川で稚アユの遡上が始まり、南部川漁業協同組合は12日にみなべ町山内地内で1回目の特別採捕を行った。  特別採捕は、遡上してきた稚アユを捕獲して、ダムで遡上できない場所などに放流。友釣り(6月1日解禁)など…
  • 龍神温泉街で観燈祭

     田辺市龍神村の龍神観光協会は、宿泊施設や飲食店の玄関先などに燈籠を並べて幻想的にライトアップするイベント「2019平成最後の観燈祭」を17日まで開催中。9日には撮影会や足湯などのイベントもあり、訪れたカメラ愛好家や入浴…
  • みなべで手づくりストリート

     商店街を活性化させようと、みなべ町商工会(植田英明会長)は9日に北道や南道地内の商店街通りで「みなべ手づくりストリート」を開催。大勢の人でにぎわった。空き店舗などを利用してアクセサリーなどの手作り品が販売され、買い物客…
  • 南部梅林来場者 今季目標ほぼクリア

     みなべ町晩稲、南部梅林の開園期間中(2月2日~3月3日)の来場者数がまとまり、2万9700人が訪れたことが分かった。昨年は2万9711人。運営する梅の里観梅協会(片山清範会長)は「目標の3万人はほぼクリアできた」として…
  • みなべの鶴の湯で温泉まつり

     地域の活性化に取り組む住民団体「スマイルライフ」(芦硲幸至会長)は3日に同町熊瀬川の鶴の湯温泉で温泉まつりを催し、模擬店や舞台発表などが行われた。「地域の振興は鶴の湯が開設されたおかげ」と感謝を込めた恒例のイベント。町…
  • 日高川のアマゴ釣り解禁

     日高川のアマゴ釣りが1日に解禁し、田辺市龍神村では県内外から大勢の太公望が訪れて渓流釣りを楽しんだ。  先月26日に成魚を放流した柳瀬、宮代キャンプ場付近、龍神温泉元湯周辺などではエサやルアーで楽しむ姿がみら…
  • アマゴ 解禁を前に成魚3500匹放流

     初心者にも気軽にアマゴ釣りを楽しんでもらおうと、日高川漁業協同組合は日高川の解禁(3月1日)を前にした26日、田辺市龍神村の計6カ所にアマゴの成魚約3500匹(270㌔)を放流した。今回で3回目の取り組み。足場が比較的…

フォトニュース

  1. ストライ~クッ!

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る