カテゴリー:美浜町

  • 美浜町長選 現新の後援会活動が活発化

     現新一騎打ちが確実な2月5日告示、10日投開票の美浜町長選は、出馬表明している現職森下誠史氏(63)=三尾=、元美浜町役場健康推進課長の新人籔内美和子氏(56)=浜ノ瀬=の両後援会がそろって事務所開きを行ってから初の週…
  • 美浜町で健康フェアにぎわう

     美浜町吉原、吉原公園南の松林内にある多目的室と産品コーナー周辺で14日、町の地方創生事業に取り組む「ふれあいと健康と起業のまち創生協議会」主催のイベント「健康ナチュラルフェア」が開催され、多くの来場者でにぎわった。 …
  • 美浜町議選 欠員1人続く

     2月5日告示、10日投開票の美浜町ダブル選で、現新一騎打ちの激しい選挙戦が確実な町長選と打って変わって定数10の町議選は低調なままだ。10日に開かれた立候補予定者説明会には元職1人が出席、正式に名乗りを上げたものの、新…
  • 美浜町長選 新人籔内氏が出馬表明

     2月5日告示、10日投開票の美浜町長選(町議とダブル選)に立候補する意思を固めていた50代新人女性、前美浜町役場健康推進課長の籔内美和子氏(56)=浜ノ瀬=が7日、正式に出馬会見。「無投票阻止」「町政刷新」などと動機を…
  • 美浜と日高で成人式

    14日の成人の日を前に日高地方のトップを切って美浜町と日高町の成人式が4日にそれぞれ行われ、合わせて162人(男74、女88)が大人の仲間入りを果たした。平成から新たな元号へ変わる節目の年の新成人は、希望や期待を…
  • 美浜町長選 50代女性が出馬へ

     来年2月5日告示、同10日投開票の美浜町長選(町議とダブル選)で18日までに、50代の新人女性が立候補の意思を固め、年明け早々に出馬表明する見通しとなった。町長選へはすでに9月議会で現職森下誠史氏(63)=三尾・2期=…
  • 美浜の松林内にドッグラン定期開設へ

     飼い犬を自由に運動させられる、専用の広場「ドッグラン」。美浜町吉原公園南側の松林内で、来年から定期的に開設される見通しとなった。町の地方創生事業で同公園周辺の再整備を進める「ふれあいと健康と起業のまち創生協議会」の取り…
  • 美浜町老連に全国会長表彰

    全国老人クラブ連合会の優良郡市区町村老連表彰で、美浜町老人クラブ連合会(浜口宗五郎会長)が会長表彰を受けた。介護予防で老人クラブが主体となって地域ぐるみでの体操を行い、会員同士の絆を深める場にもなっている活動が評価された…
  • 三尾の旧野田家住宅等 国の登録有形文化財に

     国の文化審議会は16日に開いた文化財分科会を経て、地域に親しまれ、時代の特色をよく表し、再び造ることができないなどの築50年以上経過した建造物などを対象とする「国登録有形文化財」に、美浜町三尾の旧野田家住宅主屋、門及び…
  • 美浜議会で中学生が一般質問

     美浜町で15日、中学生が森下誠史町長に町政や身近な問題などについてさまざまな質問、提言を行う「子ども議会」が開かれた。  松洋中3年生58人が社会科公民の授業の一環として2組に分かれて役場の議場を訪れ、町議会…

フォトニュース

  1. 桜はまだ少し早いけど

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る