カテゴリー:日高町

  • 春の院展 鈴木さんと小野さんが入選

     公益財団法人日本美術院の第74回春の院展で、日高町小坂、日本画家で日本美術院院友の鈴木薫さん(69)の作品「階上へ」と、日高川町鐘巻、県美術家協会会員の小野千寿子さん(58)の作品「白秋」がそろって入選…
  • 平成最後の熊野詣で 坂本さんら日高入り

     「平成最後の熊野詣で」と銘打って今月1日に京都を出発、熊野本宮大社までの熊野古道360㌔を全て歩く旅に挑戦している坂本このみさん(33)=白浜町在住、田辺市出身=が8日、鹿ケ瀬峠を越えて日高地方入り。「1000年も昔の…
  • 日高町で自宅開放型サロンオープンへ

     高齢者の生きがいづくりや健康増進の場にしようと、日高町小池の奥田洲子(くにこ)さん(75)宅で5月8日、民間の自宅開放型サロンとなるカフェ「萩」がオープンする。奥田さんが長年描いていた夢の取り組みで、町内有志の協力を受…
  • 日高町で天路山城学ぶ歴史講座

     日高町歴史講座「湯河氏の城―その歴史と魅力―」が24日、中央公民館で開かれ、120人が参加。同町比井の天路山城(通称比井城)について学んだ。亀山城に次ぐ規模だったこと、城主とされる湯河弘春は湯河一族の中でも重要な位置だ…
  • 中学生の中西君がサッカー審判員3級合格

     日高中学校2年生で、小学生サッカーチームのFCブラストでコーチを務める中西葵郁君が、2月に行われた県サッカー協会の3級審判員に見事合格した。中学生の3級審判員は日高地方初。大人になっても大好きなサッカーに関わり続けたい…
  • 日高町の「原こん」夏にも販売終了

     日高町原谷地区特産のコンニャク「原こん」が、夏にも生産、販売が打ち切られることが分かった。コンニャク用の生イモを100%使用した、弾力ある食感が人気の手作り商品だったが、販売拠点の原谷産品販売所「黒竹の里ぴかいち」が昨…
  • 全国土地改良事業団体連合会が辻村さんを表彰

     全国土地改良事業団体連合会(二階俊博会長)の第60回全国土地改良功労者表彰の受賞者が決まり、職員表彰では県内で唯一、県土地改良事業団体連合会(和歌山市)副参事の辻村博明氏(60)=日高町萩原=が選ばれた。表彰式は3月2…
  • 日高町 消防団員応援の店導入へ

     日高町が新年度から日高地方で初めて、「消防団応援の店」の新制度を導入することが決まった。応援の店として登録した町内の飲食店や小売店が、団員限定で割引や増量、ポイント倍増などのサービスをする取り組み。地域住民の生命と財産…
  • 日高町新町議11氏決まる

    定数11に対して現職10、新人2の計12人が立候補し、1人超過の少数激戦を繰り広げてきた日高町議選は3日に投開票され、新町議11氏が決まった。トップは587票の辻村昌宏氏で2期連続。地元萩原の結束を頼りに、スポーツ関係な…
  • 日高町議選 3日午後9時ごろには大勢判明

     定数11に対して現職10、新人2の計12人が立候補し、1人超過の少数激戦を繰り広げてきた日高町議選は、きょう3日に投開票が行われる。  投票は午前7時から午後6時まで、町内14カ所の投票所で受け付ける。開票作…

フォトニュース

  1. お巡りさんになりませんか

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る