カテゴリー:日高春秋

  • SNSは使い方しだい

     先日、日高高校で情報モラル教室が開かれ、3年生が御坊署員からネットの危険性を学んだ。署員はネット詐欺やコンピューターウイルスなどに加え、安易なネット投稿について指摘。数年前にあったバイト先の冷蔵庫に入ったいたずら画像の…
  • 目に見えない観光をアピール

     ちょっと時期外れの話になるが、那智大社へ家族で初詣に出かけた。神社までの途中で、エビとカニの水族館、橋杭岩、那智の滝、トルコ記念館などに立ち寄り、紀南地方の観光も楽しんだ。海岸沿いのきれいな風景などもあらためて眺めると…
  • 何でもハラスメント?

     兵庫県明石市長が道路拡幅工事に伴う立ち退きが進んでいないことで、職員に暴言を浴びせたパワハラ問題が大きく報道されている。「火つけてこい、燃やしてしまえ」と衝撃的な言葉だけを見ると、怒りにまかせてとんでもないことをいうも…
  • 盲目の歌手新垣さんの講演

     2018年度市民教養講座最終回の講師は、沖縄出身のテノール歌手、新垣勉さん。沖縄駐留の米兵でメキシコ系アメリカ人の父、日本人の母の間に誕生。母は当時10代で、母方の祖母に育てられた。父とは会ったこともない。生まれて間も…
  • 勝者の涙と謙虚さに感動

     大相撲初場所はモンゴル出身、関脇玉鷲の初優勝で幕を閉じた。横綱稀勢の里の3連敗、引退に始まり、負傷休場続出の大荒れとなったが、横綱の引退騒動を吹き飛ばす若手の台頭が印象深い15日間だった。  序盤は錦木、北勝…
  • まちの将来考える機会に

     昨年末から無投票ムードが漂っていた日高町議選は、1人オーバーで選挙戦に突入した。告示6日前に選挙戦になることがほぼ確定したとあって、有権者の盛り上がりはいま一つだが、4年に一度の審判は議員にとっても、有権者にとっても非…
  • 駅伝の楽しさ少しずつ

     全国都道府県対抗駅伝競走大会で和歌山代表の活躍が目覚ましかった。女子は昨年の37位から大躍進。1分16秒タイムを短縮し、2時間23分00秒の23位でフィニッシュした。男子は順位、タイムとも過去最高となる2時間21分29…
  • お客さまのための仕事

     東京の都立高校で生活指導を担当する男性教員が口論になった生徒に暴力を振るい、その様子を撮影した動画がSNSに投稿されて拡散、大きく報道された。テレビのワイドショーを見ていると、多くの出演者が「体罰はいけない」と前置きし…
  • 期待が高まる5G

     ㈱NTTドコモは、日高川町川原河の川上診療所と和歌山市の県立医科大学との間で、次世代移動通信システム「5G」を使った遠隔医療の実証試験を行い、山間部の患者宅と医大を無線でつなぎ、遠隔診断できることを確認した。 …
  • 相手の話を聞く力の大切さ

     人間は他の人に情報を伝えることができる。その手段としては文字であったり映像であったりするが、日常の大部分は会話になるだろう。そこには話し手と聞き手のコミュニケーションがある。話し上手や聞き上手と言われる人もいるが、ど…

フォトニュース

  1. 桜はまだ少し早いけど

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る