カテゴリー:日高春秋

  • 市議選は3世代対決

     16日告示の市議選は現職11人、新人5人、元職1人の合計17人が出馬の構えで定数14人に対して3人超過の大激戦が予想されている。各陣営ともに「泣く3人には入りたくない」と必死の形相でし烈な前哨戦となっている。  立候補…
  • 験より必死の頑張り

     車でラジオを聞いていると、愛媛県久万高原町営バスのバス停の名前が入った切符が、ものすごく売れているというニュースがあった。その理由は高知県との県境に近い山あいにある10戸ほどの集落に「郷角」(ごうかく)と名の付くバス停…
  • 座右の銘を持とう

     去る10日は成人の日。全国各地で成人式が行われ、日高地方でも9日に4市町で行われた。山口県下関市で新成人が写真を撮るために模造刀を所持していたため銃刀法違反容疑で、沖縄では無免許、酒酔い運転と公務執行妨害で2人がそれぞ…
  • ジビエ料理を堪能しよう

     このほど何年かぶりにボタン鍋を食べた。あまりのおいしさに舌鼓、冷えた体も芯から温まった。思い返せばシシ肉料理でボタン鍋以外に口にしたことがあるのは焼き肉くらい。これもまた絶品である。一般家庭では調理法はあまり知られてい…
  • 「点が集まれば線になる」

     時間の経過には節目がある。1年、2年という年単位があり、1年の中にも春、夏、秋、冬の四季がある。ほかにも盆、節分、彼岸などの行事で区切ることができる。一日でみてみても朝、昼、夜に分けられるし、もっと細かくすると時間、分…
  • 犯罪抑止は他力本願じゃダメ

     寝正月がここ数年の定番だったが、ことしは元旦から印南町の真妻山登山に参加させてもらった。標高は富士山の7分の1程度だが、その美しさから日高富士と形容されるだけあって、運動不足の体にムチを打って登りつめた頂上は雪景色。5…
  • 新春を寿ぐ赤い色

     新年を寿ぐ色は赤である。伊勢エビ、タイ、千両に南天。初日の出、ご来光の色でもある。松と千両を玄関に生けると、緑に映える赤い実が美しい◆印南の特産でもある千両は、豪勢な名前がいい。南天は「ナンテン」の音から「難を転じる」…
  • とにかく行動しよう

     2011年、あけましておめでとうございます。本年が皆さまにとって、よい年でありますように。  さて、ことしは、元日から仕事。印南町公民館印南分館「初詣マラソン」の取材に出かけた。午前7時、取材先の体育センターに着くと、…

フォトニュース

  1. 桜はまだ少し早いけど

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る