カテゴリー:日高春秋

  • 女性の元気も発信

    安倍晋三首相が掲げた一億総活躍プランが、2016年6月に閣議決定されてもうすぐ3年。若者も高齢者も、女性も男性も、障害や難病のある人も、一度失敗を経験した人も、みんなが活躍できる社会を目指しているが、どれほど浸透している…
  • 交野・御所市の読み方

     スポーツ報知で、大阪府枚方市が、読み方の難しい「枚方」が全国でどう読まれているかを調べた「マイカタ全国調査」の結果を分布図にまとめ、市のホームページで公表したとの記事が掲載されていた。和歌山の人なら大方が読める「ひらか…
  • 電話の相手は何者?

     「御坊市内の高齢者宅に個人情報を聞き出す不審電話があり、御坊署が特殊詐欺の予兆電話として注意を呼びかけている」「御坊市で特殊詐欺の予兆とみられる不審な電話があり、御坊署が注意を呼びかけている」――これらは3年前に書いた…
  • いつか級友と再会を

     1日に日高高校と紀央館高校、3日は和歌山南陵高校で卒業式が行われた。南陵は2016年4月の開校時に入学した1期生50人が初の卒業生として同校を巣立った。卒業証書授与は、他校ではクラス代表に渡すことが多いが、50人と比較…
  • 無理せず楽しく走ろう

     みなべ町で先月、未舗装の山道などを走る「梅の里トレイルラン」がことし初めて開催された。コースは15㌔と32㌔。もちろんアップダウンは急で、足には相当負担がかかるだろう。平坦な道でも、この距離を完走するには日頃からの訓練…
  • それぞれのJリーグ物語

     Jリーグ横浜FCに所属する日本サッカー界のレジェンド、キングカズこと三浦知良選手は、つい最近52歳の誕生日を迎えた。もちろん日本最年長のJリーガー。フランスワールドカップ日本代表からまさかの落選という悲劇のヒーローとい…
  • 災害の教訓を確実に次代へ

     日高町で開かれた防災に関する現地学習会「歴史から学ぶ防災2018―命と文化遺産とを守る―」を取材した。主催は県立博物館施設活性化事業実行委員会、県立博物館。毎年場所を変えて開かれており、ことしは日高町と白浜町の2町だっ…
  • 克服できるものではない

     作家の宮本輝氏は子どものころ、父親のDV、母親のアルコール依存、家業の失敗といった現実から逃げるように、押し入れの中で本を読み耽った。社会人となってから突然、電車の中でパニック発作に襲われた。  小説家として…
  • はやぶさ2に夢広がる

     2014年12月、種子島から打ち上げられた日本の小惑星探査機「はやぶさ2」が、目的地のリュウグウに無事着陸した。イトカワから岩石の微粒子を持ち帰った初代はやぶさは、多くのトラブルに見舞われたが、今回は順調だ。 …
  • 忘れてはならないこと

     つらく、悲しかったこと。あすを楽しく生きるために忘れていいことと、逆に決して忘れてはならないことがある。津波に関しては後者で、絶対に風化させてはならない。美浜町の東日本大震災体験者による特別講演で、講師を務めた元陸前高…

フォトニュース

  1. 24日はぜひ来てくださ~い

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る