JA紀州 青梅の荷受けは前年の78%

 JA紀州は、今シーズンの青梅の荷受け量をまとめた。総量は2136㌧で、昨年の台風の塩害や雨不足による実の肥大の遅れが影響し、豊作だった前年度(2732㌧)に比べて78%にとどまった。

 荷受けは5月26日から今月5日まで。今年は荷受け前から、昨年秋の台風による塩害で木や枝が枯れるなど深刻な被害が出た園地もあり、収量減が心配されていた。加えて実の肥大に欠かせない雨が非常に少なく、過去10年平均の半分の降水量しかなく、小玉が増えたことも収量減の要因となった。

 地域別では南部と印南が前年度比65%、岩代は69%と沿岸部で塩害が大きかったとみられ、逆に高城では105%と増えた。

 市場からの要望2800㌧は下回ったものの、生産者が青梅で出荷する量を増やすなど協力し、当初の出荷予約1861㌧を大きく上回った。平均市場販売価格は1㌔当たり575円(6月末時点)で前年より約20%アップとなった。

 JAは「当初の目標2800㌧は達成できなかったが、後半は実太りも回復し、契約した数量は無事納めることができた。生産者の協力に感謝したい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 宝探しに親子ら200人

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る