御坊で洋画白玄会の作品展

 洋画白玄会(中西信行会長)の第55回作品展が12日から15日まで、御坊市中央公民館で開かれている。

 会員18人が39点の油彩画などを出展。100号前後の大作も多く並び、最大130号(194×162㌢)のものも。会場に足を踏み入れるとそれぞれの作品の色彩が目に飛び込み、迫力ある作品展となっている。

 描かれたモチーフは、古い社寺や仏画、野の花、コスモスやサボテンなど色とりどりの花、牛の群れ、地元の海、心の中のイメージを自由に描いた作品とさまざま。

 展示時間は午前9時から午後6時まで(最終日は4時まで)。

写真=会場には100号の大作が並んだ

関連記事

フォトニュース

  1. 宝探しに親子ら200人

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る