占い結果に逃げない

 最近めっきり聴かなくなった音楽。学生時代は家だけでなく、外出時にはヘッドホンをし、仕事をし始めてからも出退勤や移動の車で流していた。出勤時この曲を聴くと、いいことがある(悪いことが起きない)と思い込み、毎日同じ曲を流していたことも。逆にある曲を聴いて仕事で失敗し翌日からは、二度とその曲を流さないようにしていた。「お詫び、訂正」の記事を出してしまい、何曲のデータが消されたことだろうか。

 先日の休み、朝の情報番組の星占いで、自分の星座がワースト1位、「やるべきことがおろそかに 与えられた役割を果たそう」と言われた。普段から自分の占いは見ないようにしているが、目に映ってしまったものは仕方ない。「休みの日にやるべきこと?」「与えられた役割とは何だろう」と考えながら憂鬱な休日を過ごした。

 占い自体を否定するわけでも、占いを好きな人を批判するわけでもないが、筆者は占いが苦手。前述のように気になり、左右されやすく、もはや好きなのかもしれないが、できるだけ避けるようにしている。もう一つ、悪い運勢のときは、アドバイスを心構えにするのではなく、どうしても失敗をそのせいにしてしまう。自分の間違った判断を棚に上げ、責任を転嫁してしまうからだ。さらに悪い運勢をしない理由、やらなかった言い訳にもしがち。チャンスを逃してしまったこともあるかもしれない。

 星占いが12位だった休日。妻に言われた通り掃除機をかけ、毎日の洗濯に加え、トイレ掃除もした。占いは心や気持ちを軽くするためのもの。39歳の誕生日前、何事もポジティブに考え、自分の行動に責任を持つようにしよう。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. お巡りさんになりませんか

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る