今年も熱い夏がスタート

 第101回全国高校野球選手権和歌山大会は12日、和歌山市の紀三井寺公園野球場で開会式が行われた。

 入場行進は前回優勝の智弁和歌山を先頭に、出場39校が紀北から順番に登場。本紙エリア勢も紀央館、日高、日高中津、和歌山南陵、和高専、南部、南部龍神の順で熱戦の舞台を力強く踏みしめた。

 県高校野球連盟の愛須貴志会長が開会あいさつで、「昭和、平成と和歌山の野球は全国に輝かしい足跡を残しました。皆さんの熱戦で高校野球の素晴らしさをさらに発信してください」とエールを送り、来賓の下宏副知事が祝辞。選手宣誓は和歌山北の原尻拓実主将(3年)が務め、「令和の1年目、ここ紀三井寺に県下39校の選手が集い、練習の成果を競うときがきました。野球を通してお互いに助け合い、励まし合い、人間形成していくこと、感謝の大切さを学び、日々努力してきました。紀三井寺球場で校歌をうたいたい、この思いは39校の選手全員みな同じ。仲間とともに流した汗、喜んだり、悲しんだりしたことを思い出に、わが青春にいっぺんの悔いなしと言えるよう、全力で頑張ります」と、令和初の夏到来を告げた。

写真=外野へ整列後、39校の選手たちが一斉に入場

関連記事

フォトニュース

  1. 宝探しに親子ら200人

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る