熱中症、早めの対策を

 ここ数日、曇り空が続くも、近畿地方にはまだ、梅雨入りの発表がない。調べると、近畿地方の梅雨入りは昨年が6月5日ごろ、平年が6月7日ごろ、特定できなかった年もあるが、最も遅かったのは1958年の6月25日。今年は遅い記録に近づいている。

 一方、気温の上昇も比較的に緩やかで、夜は涼しく、朝は寒いぐらい。5月に最高気温30度以上の夏日となる暑い日もあったが、いまのところ、過ごしやすい毎日と言える。熱中症とみられる症状による救急搬送も日高地方では19日現在で2人だけ。昨年は御坊市消防で6月26日から9月23日まで20人、日高広域消防で5月11日から9月16日まで60人の計80人が病院に運ばれており、気温の上昇とともに発症する人が増えるため、あらためて予防の意識を高めたい。

 先日、熱中症が疑われるときの対応が、ニュースで紹介されていた。応急処置の頭文字をとった「FIRST」。「水分補給」(Fluid)、「体を冷やす」(Ice)、「涼しい場所で休む」(Rest)、「15~30分ほど様子を見る」(Sign)、「それでも改善しなければ治療」(Treatmet)が必要として、病院や診療所への受診を促すという。

 全国的に猛暑に襲われ、気象庁も「異常気象だった」と認定した昨夏。総務省消防庁のまとめでは昨年5月から9月までの熱中症による全国の搬送者数は9万5137人で、おととしの2倍近くに達した。予防は▽こまめな水分補給▽扇風機・エアコンの上手な利用▽涼しい服装・日傘・帽子の着用▽バランスのいい食事と十分な睡眠――が大切。夏本番、梅雨入りを先取りし、暑さに慣れていない時期から早めの対策が必要だ。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. お巡りさんになりませんか

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る