ハンドルを握る責任

 最近の車の自動運転機能はますます進化している。前方の車の追走機能で、前がブレーキを踏むと自動で減速して一定の距離をキープするというのはもはやベーシックなシステムとなりつつある。ふらつき防止機能や、センターラインに寄りすぎると警告音に加えてハンドルが戻る機能もあり、車線変更の際に指示器を出すのが遅れようものならてきめん、安全機能の性能に驚かされるばかり。ひと昔前では考えられなかったことが現実になり、10年先にはもっと進歩しているだろう。完全自動運転も近い将来実現できるのではないだろうか。

 高齢ドライバーらによる重大事故が連日報道されている。何の落ち度もない歩行者らが突然巻き込まれ、命を奪われる。犠牲となった人の家族の気持ちを考えると胸が痛い。同時に、事故を起こそうと思ってハンドルを握っているドライバーはおらず、安全確認不足やアクセルとブレーキの操作ミスなど不注意が最悪の事態を招いてしまっていることにも胸が痛む。ハンドルを握る以上、誰しも事故を起こす、事故に遭う危険性がある。ニュースに触れるたび、一層の自覚が必要だと認識をあらためたい。

 特に高齢になると、若いころのようには体が動かず、判断力も鈍る。免許返納は必要だが、田舎では車は生活に、仕事に欠かせない移動手段で、農業など車がなければ進まない職業もたくさんある。免許返納を考えつつ、なかなか決断できない人も多いのではないだろうか。コミュニティーバスの運行など外出支援に取り組む自治体も多いが、まだまだ不十分。安全な自動運転カーの開発、免許返納のルール化、返納後も生活しやすい仕組み作り、あらゆる面で早急な検討が必要だろう。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. お巡りさんになりませんか

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る