グッド・バイ 太宰治著 新潮文庫

 「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文庫を探して買ってみました。
終戦後から1948年の死去まで3年間に書かれた16編を収めた短編集で、表題作は未完の絶筆。朝日新聞と朝日評論に第13回まで連載したところで、著者は玉川上水で愛人と心中を遂げたのでした。

内容 文芸雑誌編集長の田島周二は、妻と子を田舎に疎開させて東京で暮らしながら闇商売に手を染め、一財産を築いた。戦後3年を経て世の中も落ち着いてきたので、妻子を呼び寄せてまともに暮らそうと決心。ついては、10人近く養っている愛人たちと手を切らねばならない。

田島は一計を案じ、とびきりのすごい美人を恋人に仕立てて「この女と結婚するから別れてくれ」と頼んで回ることに決める。「すごい美人」である闇屋仲間のキヌ子に恋人役を依頼。しかしキヌ子は並みの女ではなく、田島は財産を散々使われ、振り回される羽目になる…。

著者はこの作品を書き始める直前、代表作となる「人間失格」を書き上げています。「今の自分には幸福も不幸もありません。ただ一切は過ぎていきます」というラスト近くの虚無的な独白が有名な、シリアスな長編ですが、本作品の方は情死に臨もうとしている暗さなどは感じさせないユーモア小説。
実は私は、太宰作品はなんだかカッコつけてるみたいで熱さや深さがあまり感じられなくて、「走れメロス」以外はキライなのですが、あらためて読んでみると、意外にも情熱のこもったような言葉が散見されたり、敗戦直後の空気を色濃く感じさせる独自の文学性をも発散しているようで、また違う目で読んでみてもいいかなと思えました。

関連記事

フォトニュース

  1. 宝探しに親子ら200人

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る