あのDJで音楽が好きに

 FM COCOLOの人気DJ、ヒロ寺平さん(67)が9月末で番組を降板、引退するという。FM802の開局から現在まで30年間、個人的にはその声と音楽にいろんな思い出が重なる。

 和歌山県民、とくに紀中、紀南の住民にとって、FMはクラシックが中心のNHKしかクリアに聴こえないが、時代が昭和から平成に代わった年に登場し、原則、邦楽やアイドル曲を流さないファンキーミュージック(FM)802は衝撃だった。

 大阪のバイト先の先輩が愛車に貼っていたバンパーステッカーに憧れ、いつかは自分もと思ったものの、御坊は肝心の電波が届かなければ、ステッカーをくれるファンキーカマロも走らない。それでもブームというのはえらいもんで、電波が届かぬ御坊でもステッカーを貼った車を何台も見かけた。

 AKBのヒット曲と同じ「ヘビーローテーション」も、40代以上のオッサンには802の方がしっくりくる。友人のY君は汚い下宿の壁にデビュー間もないマライア・キャリーのポスターを貼り、彼女の声と歌唱力の素晴らしさを得々と語っていたが、いま思えば、それもヒロさんの受け売りだったのではないか。

 情報も音楽も、平成半ばまではテレビ、新聞、ラジオが主な媒体だったが、いまはどれもネットにとってかわった。ヒロさんはラジオ業界を取り巻く環境の変化を引退の理由に挙げ、「その環境が徐々に息苦しいものに変化してきた」という。

 それでもリスナーは、ラジオの中から語りかけるDJの声に耳を傾け、互いに顔が見えない分、リスナーはまるでDJが友人のような親近感を覚える。選曲、構成もすべて1人でこなすウルフマンジャックスタイル、Hiro―Tの引退が惜しまれる。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. わんちゃん大好き

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る