8月 夢屋舞組が高知のよさこい祭りに初出場

 ことし結成10周年を迎えたよさこいチーム、夢屋舞組(吉田勉代表)が8月、本場高知県で開かれる第66回よさこい祭りに初めて出場する。結成当初からのメンバーには悲願の大舞台で、メンバーらは「よさこいの踊り子にとっては、高校野球でいえば甲子園のようなもの」と大張り切り。地方車を用意することが出場の条件となっており、製作に多額の費用がかかるため地元企業や団体に広告協賛を募っている。

 夢屋舞組は2009年2月5日に結成。小学生から70代まで幅広い年齢層で活動している。

 第66回よさこい祭りは8月9日から12日まで。9日が前夜祭、10・11日が本番、12日が後夜祭で、夢屋舞組は10・11日の本番に出場する。本場のよさこい祭りはステージ演舞よりも「流し踊り」と呼ばれるパレード演舞が主流で、メンバーは前進しながら踊れるように猛練習中。「早く高知で踊りたい」と意気込んでいる。

 当日は日高地方のメンバーを中心に、県外や高知県在住のメンバーを含め総勢約60人で出場。地方車は、地元から持ち込むチームも多いが、夢屋舞組は女性中心のチームなので高知市内の業者に製作を依頼。多額の費用のため、現在日高地方の企業、団体、店舗等に100万円を目標として広告協賛を募っている。

 吉田代表は「高校球児であれば誰でも甲子園球場でプレーしたいと思うように、よさこい踊りの踊り子であれば誰もが本場高知の『よさこい踊り』で踊ることを夢みています。結成時からのメンバーには悲願のよさこい出演。昨年度までとは、メンバーの目の輝きが違います。皆様、ぜひともご協力をよろしくお願いいたします」と呼びかけている。

写真=本場のよさこい祭りに初出場する夢屋舞組のメンバー

関連記事

フォトニュース

  1. わんちゃん大好き

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る