酒本選手はレジェンド

 入社以来22年間、サッカーの取材を担当している。小学生、中学生、高校生、一般の試合を見る機会もあるが、とくに多いのはやはり大会が多い小学生。大勢の選手のプレーを見てきたが、素人ながらに「この子は将来が楽しみだ」と思えるずば抜けた身体能力を発揮する子どももたくさんいた。それでも、日高地方からJリーガーになったのはまだ一人だけ。いま現在、Jリーガーに手の届くところで奮闘している選手もいるが、プロの世界は厳しいのだろうと想像がつく。

 その唯一のJリーガーは御坊市出身、小学生時代は御坊キックマンに所属していた酒本憲幸選手。初芝橋本高校を卒業と同時にセレッソ大阪に入団。16年間在籍し、今シーズンからJ2の鹿児島ユナイテッドFCに移籍した。17年目のベテランはJリーグ300試合出場を達成。厳しいプロの世界で17年目、バリバリ現役で活躍していること自体が大記録。ミスターセレッソと呼ばれた元日本代表森嶋寛晃で318試合、300試合以上は数あるJリーガーの中でも143人だけ。鹿児島に移籍してからは全試合に出場し、若手を引っ張っている。もはや日高地方が生んだレジェンドといえるだろう。

 筆者が入社したとき、酒本選手は海南三中1年で、残念ながら小、中学生時代のプレーを見たことはないが、小学生のころからずば抜けていたという。酒本選手は小学生から注目されていたが、才能は中学、高校で開花する選手もたくさんいる。いまサッカーに夢中になっている日高地方の子どもたちは皆、可能性を持っていることは間違いない。近い将来、Jリーガーが輩出されると期待を込めて、選手たちのプレーを追いかけていきたい。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. わんちゃん大好き

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る